アルバム感想『B★E★S★T』/ T.M.Revolution

T.M.Revolution Single Collection B★E★S★T
『B★E★S★T』/ T.M.Revolution
2002.3.6
★★★★★★★★☆☆

01. 独裁 -monopolize- ★★★★★★★☆☆☆
02. 臍淑女 -ヴィーナス- ★★★★★★★★★☆
03. HEART OF SWORD ~夜明け前~ ★★★★★★★★★★
04. LEVEL 4 ★★★★★★★★★★
05. HIGH PRESSURE ★★★★★★★★★★
06. WHITE BREATH ★★★★★★★★★☆
07. 蒼い霹靂~JOG edit~
08. HOT LIMIT ★★★★★★★★★☆
09. THUNDERBIRD ★★★★★★★★★☆
10. Burnin’ X’mas ★★★★★★★★★★
11. WILD RUSH ★★★★★★★★☆☆
12. BLACK OR WHITE? version 3 ★★★★★★★☆☆☆
13. HEAT CAPACITY ★★★★★★★★★☆
14. 魔弾 ~Der Freischutz~ ★★★★★★★★★★
15. BOARDING ★★★★★★★★★★
16. Out Of Orbit -Triple ZERO- ★★★★★★★★★☆
17. hear ★★★★★★★★☆☆

 

 


 

 初のベストアルバムです。
 TMレボ第一期のまとめ作品で、厳密にはコレと本作発売直後にスタートしたツアーの二つが活動の句読点にあたるとのこと。CDとライブで原型と現在形の差を明確にするという意図で、シングル曲は全てオリジナルテイクで収録されておりば。西川くんが言う「第一期」という括りが個人的にはどうも未だにしっくり来ないんですよね。3つの約束を全て果たして一旦封印…っていう、そこまでがわたしの中ではひと区切りってイメージなんで。まあEXILEとかWANDSと違って別にメンバーが変わったりしてるわけじゃないし音楽性が急変したわけでもないんで、聴き手側はいちいちそういう括りにこだわることはないと思うんですけどね。

 

 てなわけでこちら、収録内容としてはA面扱いだった『LOVE SAVER』が未収録であること以外は特に茶々入れするポイントがない 割かし分かりやすいラインナップ。ビギナーに優しい一枚ではあるんですけど、本作より4年後にデビューからの10年間を総括したベスト盤が出るので、今からこれを手に取る必要はあんまりないっすね。

 

 でもラスト収録のミドルバラード『hear』はここでしか聴けないので、必要性皆無とも言い切れないっていう。で、その曲の出来が凄くいいってのがまた厄介なんですよね、全シングル所有してるファンとしては。全盛期の楽曲だけ押さえときゃいいや(ガンダム以降のTMレボに興味がない)という人はコレ一枚を手に取っときゃいいと思います。

 


 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です