アルバム感想『triple joker』/ T.M.Revolution

triple joker
『triple joker』/ T.M.Revolution
1998.1.21
★★★★★★★★★★

01. 蒼い霹靂 ★★★★★★★★★★
02. OH! MY GIRL, OH MY GOD! -MORNING SURPRISE MIX- ★★★★★★★★★☆
03. WHITE BREATH -MORE FREEZE MIX- ★★★★★★★★★☆
04. O.L ★★★★★★★★☆☆
05. MID-NITE WARRIORS ★★★★★★★★★☆
06. LEVEL 4 -LEVEL→V MIX- ★★★★★★★★★★
07. Slight faith ★★★★★★★★★☆
08. MinD ESCAPE ★★★★★★★★☆☆
09. Joker -G CODE MIX- ★★★★★★★★★☆
10.Twinkle Million Rendezvous ★★★★★★★★☆☆
11.HIGH PRESSURE -MORE HEAT MIX- ★★★★★★★★★★
12.JUST A JOKE ★★★★★★★★☆☆

 

 


 

 「アルバムでミリオンセラー」という2つめの約束を(発売からたった2週で)見事に果たした3rdアルバム。楽曲の質の高さを維持しつつ、前作で確立したT.M.Revolutionらしさをさらに拡張して 早くも一つの到達点に辿り着いた感がある初期の傑作。前作『維新レベル→3』に続き、思い出補正がふんだんに掛かってることもあってかなり盲目的になっちまってますが、いやあ名曲揃いですよ。

 

 毎度お馴染みの浅倉節然り、葛城哲也氏のギターサウンド然り、「恋の中にある死角はシタゴコロ」「恋の字の中に四画のシタゴコロ」なるダレウマフレーズ然り、これぞTMRな要素が満遍なく詰め込まれた疾走ロックナンバー『蒼い霹靂』、西川貴教のマニフェストソングとも言うべき『Joker -G CODE MIX-』といった鉄板2曲は、今聴いても文句なしにカッコいい。『MAKES REVOLUTION』時の未完成感が解消されて、今とは違うパワフルながらスマートな歌唱で魅せてくれてます。

 

 

 絞り出すようなギターサウンドがカッコいいハードボイルドなロックナンバー『Slight faith』は、後先見てもありそうでないタイプの 男の色気剥き出しな一曲。性感帯を弄られても喘ぎ声を出さぬよう耐えながら歌ってる感じがいやに色っぽいです。本作随一の聴きどころですな。

 

 その他、とある男女が出会ってから結ばれる(セックスに至る)までを描写した V系混じりのロッカバラード『O.L』、マヌケな「あるあるネタ」を歌詞に忍ばせた 開放的ポップナンバー『MID-NITE WARRIORS』、TMRシリーズが定番化したと同時に それが壮大なバラードシリーズであることも決定付けた(一部例外がありますけど)『Twinkle Million Rendezvous』なんて楽曲もあれば、ゆる~いノリの惚気まくりポップス『OH! MY GIRL, OH MY GOD!』、自称いちごちゃんキャラに思っきし近接した ノーテンキな青空ポップス『MinD ESCAPE』なんつー緊張感を緩めるような楽曲もありで、なんてーか、全体的に”極上の90’s J-POP” てな感じの内容になってますな。このポップさとトレンド感(時代を牛耳ってる感)と分かり易過ぎるほどの間口の広さが如何にもカネになるJ-POPっていうか。

 

 よりスリリングさを増した『WHITE BREATH -MORE FREEZE MIX-』、音の輪郭がくっきりし、カットアウトテイクを新たに採用した『LEVEL 4 -LEVEL→V MIX-』といったシングル曲のミックス違いもまた良いです。シングル版のエコーが外れた的な仕上がりの『HIGH PRESSURE -MORE HEAT MIX-』は、まあこれでもえんちゃう的な。どっちかと言うとシングル版のほうが好きなんですけど。

 『JUST A JOKE』は、浅倉先生のディズニー趣味が開けっ広げになった的インスト。浅倉大介名義の作品じゃ流石にこういう作風の楽曲はやれないでしょうからね。TMレボのパブリックイメージを利用して入れてやったみたいな。

 



スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です