アルバム感想『Twicetagram』/ TWICE


『Twicetagram』/ TWICE
2017.10.30
★★★★★★★★★☆

01. LIKEY ★★★★★★★★★☆
02. TURTLE ★★★★★★★★★☆
03. MISSING U ★★★★★★★★☆☆
04. WOW ★★★★★★★★★☆
05. FFW ★★★★★★★★★☆
06. DING DONG ★★★★★★★★☆☆
07. 24/7 ★★★★★★★☆☆☆
08. LOOK AT ME ★★★★★★★★★☆
09. ROLLIN` ★★★★★★★★☆☆
10. LOVE LINE ★★★★★★★★☆☆
11. DON`T GIVE UP ★★★★★★★☆☆☆
12. YOU IN MY HEART ★★★★★★★☆☆☆
13. おやすみ GOOD NIGHT ★★★★★★★★☆☆

 

 

 

 韓国では初となるフルアルバム。TWICEのインスタ公式アカウント名でもあるこのアルバムタイトルは、時代性やTWICEの発信力、ポップでカジュアルでなおかつオシャレに彩られた楽曲群を象徴しているかのよう。

 

 アルバムのリード曲である『LIKEY』は『TT』っぽさを含有した激キャッチーなエレポップナンバー。冒頭におけるぶっとい鳴りのシンセブラスが韓国っぽさ もとい この曲がメイド・いん・コリアであることをさりげにアピール。サビの「ライキッライキッライキッ!ドゥグドゥグドゥグーン!」や、Bメロにおけるモモちゃんの鼻づまりボーカルによる「ベイビークリバッバッバッ~♪」というインパクト絶大なフレーズをしっかり備えているだけでなく、終盤のラップパートでトラップの要素が顔を覗かせるという ほんの数秒とはいえ中々ビターなアプローチをぶっ込んできたりもして、売れ線の一言では片づけられない いたずらっ子な一面も覗かせているのがちょっとしたポイント。

 

 

 続く『TURTLE』は打って変わってアコースティックな質感の穏やかでいじらしいミドルポップナンバー。サビの「ポンポン♪」で可愛らしさを、サビ終わりの「パッパッパッパラッパッパッパ~♪」でオシャレ感を醸成するコーラスワーク、さりげないけどこれは味の決め手となる重要な要素です。

 

 アメリカンなタッチのカラッとしたギターポップ『MISSING U』、ピアノなブラスを用いた軽快なサウンドと 小気味良いボーカル&ラップに心浮き立つライトなヒップホップナンバー『WOW』、サウンドのみならずボーカルとラップを絡めた掛け合いがキュートさや明朗快活ぶりを演出している開放的アップナンバー『FFW』、前曲よりもさらに弾けた爽快アップナンバー『DING DONG』、なんか運動会のマーチをオシャレにコーティングしたみたいな『24/7』、アナクロなキラメキを放つキュートなポップナンバー『LOOK AT ME』、「SNS」と「hushtag(ハッシュタグ)」以外まともに聴きとれんが とりあえずラップパートのカッコよさが他の楽曲よりもクローズアップされてた感があるヒップホップナンバー『ROLLIN`』、甘いムードが漂う柔らかなタッチの疾走シャッフルナンバー『LOVE LINE』、トロピカルハウスの要素を取り込んだキュートなポップナンバー『DON`T GIVE UP』、「夕陽」とか「明日」とか「希望」とかいうワードが即座に浮かぶラストっぽい雰囲気バリバリなミドルポップ『YOU IN MY HEART』、ボサノバ要素を忍ばせたアコースティックなミドルスロー『おやすみ GOOD NIGHT』と、明るくキュートという一貫性を持ちながらも 日本版以上に幅が広いポップソングを取り揃えておりば。一曲一曲の こってりしないライトな仕上がりもいいし、トータル44分と 曲数の割にはコンパクトに収まっている いい意味での手軽さも個人的には好印象。

 

 あと、ボイスワークの活かし方が上手いっすね。歌唱力に長けてるわけではないけど、声自体のキュートさとか、即効性と中毒性を兼備したフレーズとか、ボーカルやラップの配分とか配置とか、これら要素が楽曲の雰囲気やテンションを決定づけてるんですよね。さらに言っちゃうと、日本語版に比べると韓国語のほうがやっぱり歌メロにキレがあるから、歌詞の意味がさっぱり分からなくても私は韓国語版のほうが圧倒的にノレるし好きだな。

 

 これは万人ウケするアルバムですね。韓国やアジア圏だけじゃなく全世界どの国の人でも楽しめるキャッチーさ、明快さがあるし、敷居を高めすぎない程度の洒落っ気もあるし、メンバー皆くそ可愛いし。個人的にも日本版よりこっちのほうが断然好きです。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です