アルバム感想『PROGLUTION』/ UVERworld

PROGLUTION(初回生産限定盤)(DVD付)
『PROGLUTION』/ UVERworld
2008.1.16
★★★★★★★☆☆☆

01. Roots ★★★★★★★☆☆☆
02. brand new ancient ★★★★★★★★★☆
03. 浮世CROSSING ★★★★★★★★☆☆
04. 病的希求日記 ★★★★★★☆☆☆☆
05. counting song-H ★★★★★☆☆☆☆☆
06. シャカビーチ~Laka Laka La~ (album ver.) ★★★★★★★★☆☆
07. GROOVY GROOVY GROOVY ★★★★★★★★☆☆
08. expod-digital ★★★★★★★☆☆☆
09. -妙策号外ORCHESTRA-
10. UNKNOWN ORCHESTRA (album ver.) ★★★★★★★★★☆
11. -god’s followers-
12. 神集め ★★★★★★★☆☆☆
13. -forecast map 1955-
14. ENERGY (album ver.) ★★★★★★★★★☆
15. endscape (album ver.) ★★★★★★★☆☆☆
16. 心が指す場所と口癖 そして君がついて来る ★★★★★★★☆☆☆
17. オトノハ ★★★★★★★☆☆☆
18. to the world(SE)

 

 

 前作より約11ヵ月ぶりとなる3rdアルバム。

 ミクスチャー路線に回帰してます。そして、前作よりもさらに音が太くなったり音圧を増したりド派手にデジタル要素を取り込んだりしたことで サウンドは大いなるビルドアップを果たしてます。…なんていうと見事にパワーアップしたんだなと思っちゃいますけど、本当にただ単にパワーが上がっただけでグレードがアップしたという感じではぶっちゃけないです。

 

 なんというか、取っつきにくいんですよね。曲単位でもアルバム単位でも実験的なアプローチを多々取り込んでいたりするんですけど、それ故のマニアックさで聴き手を選ぶという感じではなく、単純に演奏がくどい。『counting song-H』とか ただデカい音を鳴らしてるだけにしか思えない箇所がちょいちょいあったりするし、『病的希求日記』は やや鬱入ったマイナーメロとガツガツした演奏との噛み合わせがあまり良くなくて メロの良さがほとんど活きてないし、フルサイズで聴くと胃がもたれる。ただ、演奏がルーティンワークにならず、ちゃんと2コーラス目でフックをつけているトコはいいと思った。

 

 

 しかも本作の大半はアッパーなロックナンバー。序盤なんか7曲目まで疾走や大暴れをしっ放し。ずっと絶えずノらせてくれるんならアリだけど、メリハリもグルーヴも欠如していて4,5曲目らへんでゲップ出そう。そんな中で『シャカビーチ~Laka Laka La~ (album ver.)』とかいうラテンフレーバーの暑苦しい高湿度ロックを持ってきやがってるんですが、味が濃厚でくどくどしくても今までの流れに変化が出来た分まあマシってことで。ちなみに曲自体も割と好きです。

 

 そして、ほぼインストに近い『expod-digital』がアルバム全体においていいアシストをしています。単なる前後の橋渡しに終止しない、スペーシーな楽曲の中でリズム隊によるファンキーな演奏やTAKUYA∞のヒューマンビートボックスなどグルーヴィーな演出を忍ばせたプレーで聴き手を唸らせる佳曲で、彼らのプレイヤーとしての力量もしっかりアピール。
 『-妙策号外ORCHESTRA-』『-god’s followers-』『-forecast map 1955-』といった1分前後のインストは本当にただの橋渡しトラックで正直大して面白味はないっす。

 

 

 

 

 絶望を踏まえた上で決意を高らかに表明したエモロック『Roots』、声色の巧みな使い分けや半ば語りを混ぜ込んだようなフロウなど TAKUYA∞のラップのオリジナリティ獲得&スキルアップが効果的に作用したハードロックナンバー『brand new ancient』、サウンドのビルドアップを果たした上で商業ロックに突っ走った『浮世CROSSING』、ライブコンシャスのグルーヴィーでダサカッコいいロックナンバー『GROOVY GROOVY GROOVY』、サビの「She needs your responce」が「清水エスパルス」にしか聴こえない、ダンサブルでパンチの効いたスペーシーなミクスチャーロック『UNKNOWN ORCHESTRA』、“病でもうすぐ逝ってしまう”僕”が「最後の時」を迎えても、僕はあの世で君のことを見守ってる、またあの世で逢える、「だから終わりじゃないよ」”というファンタジックな内容に加え「番犬のケルベロス」だの「ゴルフィルの木で造った船」だの訳分からんフレーズを用いて物語性を強調した歌詞が彼ら的に新境地であるダンサブルなロック『神集め』、地球温暖化問題を通して異文化コミュニケーションの必要性を説く これまたダサカッコいいロックナンバー『ENERGY』、どストレートな8ビートロックを敢えて避けたようなアプローチを随所で施した『endscape』、オーソドックスな3連ロッカバラード『心が指す場所と口癖 そして君がついて来る』、ミクスチャーロックとは対極に位置するアコースティックナンバー『オトノハ』と、フルレングス聴き通すのはしんどいけど、これまでにはなかった要素を上手いこと多々取り込んだりもしているので、無理して一気食いしなけりゃ なんやかんやで楽しんで聴けるアルバムであります。私的には過渡期の印象が強い1枚。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です