アルバム感想『SINCE 1995 ~FOREVER』/ V6

SINCE1995~FOREVER
『SINCE 1995 ~FOREVER』/ V6
1996.8.6
★★★★★★☆☆☆☆

1. 逃亡者 -FUGITIVE- ★★★★★★★★☆☆
2. MUSIC FOR THE PEOPLE (NEW ALBUM MIX) ★★★★★★★★☆☆
3. BEAT YOUR HEART (NEW ALBUM MIX) ★★★★★★★★★★
4. Hand in Sunshine ★★★★★★☆☆☆☆
5. reprise… ★★★★★★☆☆☆☆
6. Born to run ★★★★★★★☆☆☆
7. ロマンスじゃ全部を語れない ★★★★★★☆☆☆☆
8. 雨の夜と月曜日には ★★★★★☆☆☆☆☆
9. 大丈夫 (LUCKY HANDBAG MIX) ★★★★★★★☆☆☆
10. MADE IN JAPAN (NEW ALBUM MIX) ★★★★★★★☆☆☆
11. いいじゃない。 ★★★★★★☆☆☆☆
12. Coming Century Singles non-stop mix (BONUS-1) ★★★★★★★☆☆☆
13. V6 Singles non-stop mix (BONUS-2) ★★★★★★☆☆☆☆

 

 

 結成&デビューから19年、やっとのことで紅白初出場が決まったV6の1stアルバム。番組全然観てないけど、岡田くんイノッチよく頑張りましたって感じで。

 

 所属レコード会社がエイベックスで、シングル2曲がデイヴ・ロジャース提供のユーロビートナンバー、その他の楽曲を提供しているのは主にエイベックスの作家陣で、あとはDJ KOO(TRF)やら MOTSU(m.o.v.e)やら はたけ(シャ乱Q)やら中山加奈子(PRINCESS PRINCESS)やら…といった感じで、全体的に音がかなりタイムリー。逆に言うと90’sエイベックス的な音が多方面に散りばめられてるということになっちゃうんですけど、かと言って初期ELTっぽいとか初期あゆっぽいとか そういう曲があるわけじゃなく、下地は如何にもジャニーズって感じのポップスが多め。

 

 「90’s」だとか「エイベックス」だとか、如何にもわたしが好きそうな楽曲がてんこ盛り…といった印象を受けるかもわかりませんが、ぶっちゃけ大して面白くないです。シングル以外で良かった曲っつったらアクティブなデジタルアップ『逃亡者 -FUGITIVE-』だけだし。

 

 シングル曲だと、『MUSIC FOR THE PEOPLE』『MADE IN JAPAN』のユーロ2曲もいいけど、同じくデイヴ・ロジャース提供のファンキーなダンスナンバー『BEAT YOUR HEART』が圧倒的に好み。躍動感とエネルギッシュさに満ちたトラックや、ヴァースで展開するリレー形式のラップ、フックにおけるユニゾンラップもいい感じだし、何より「1,2,3,4, 備長炭!!」が超絶イカしてる。

 

 カミセン3人による『大丈夫』は 90’s ジャニーズポップス感バリバリな原曲がものっそく好みなだけに、リミックスで収録されているのが本当に気に喰わない。いちいちハウスに改造しなくたっていいんだよ。

 

 終盤2曲は水増し以外のなにものでもないノンストップメドレー。カミセン曲もV6のシングル曲も3つしかないのに、こんなもん用意してどうすんだ。ショボッ!繋ぎもそんなに面白くないしさ。ただ、カミセンメドレーでは『大丈夫』のオリジナルテイクがワンコーラスながら採用されてるんで、その点はまあ…。

 

 始終トレンドを突き詰めたようなサウンドアプローチだとか、ジャニーズたるギミックがふんだんに活かされてるとか、そういう何かしら突き抜けたものがあればよかったんですけど、結果的には、イマドキの音で無難なアイドルポップスを演ってるだけって感じかな。V6らしさってのもまだ全面的に表出してるわけじゃないし、あんまり聴かないアルバムですねこれは。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です