アルバム感想『INVISIBLE』/ w-inds.


『INVISIBLE』/ w-inds.
2017.3.15
★★★★★★★★★★

01. Boom Word Up ★★★★★★★★★☆
02. Come Back to Bed ★★★★★★★★★★
03. Complicated ★★★★★★★★★☆
04. We Don’t Need To Talk Anymore ★★★★★★★★★★
05. CAMOUFLAGE ★★★★★★★★★☆
06. Backstage ★★★★★★★★★☆
07. Separate Way ★★★★★★★★☆☆
08. ORIGINAL LOVE ★★★★★★★★☆☆
09. In your warmth ★★★★★★★★☆☆
10. wind wind blow ★★★★★★★★☆☆
11. TABOO ★★★★★★★★☆☆
12. Players ★★★★★★★★★★

 

 

 約1年8ヵ月ぶりとなる12thアルバム。

 先行シングルである『Backstage』は、リリース当時(2016年8月)世界で流行し始めていたトロピカルハウスに着手したダンスナンバーでしたが、本作はそこで導入したトロピカルハウスをメインに据えたラインナップとなっており、ファンクが主軸となっていた前作とは趣がガラッと変わってます。

 

 

 トロピカルハウスはEDMの中の1つのジャンルではありますが、ガナリが効きまくったギラギラでチャラチャラのダンスサウンドではなく、浮遊感と清涼感を有したシンセが楽曲の核を担う メロディアスでゆったりとしたサウンドなのが特徴的。それでいて音数が少なめで軽やか。トロピカルと謳うだけあって南国のビーチっぽさを喚起させる音の鳴りで、ディープさはなく雰囲気はライトだし、「癒し」という意味を込みの心地よいグルーヴがあります。EDMと聞いて多くの人がイメージするチャラいダンスミュージックや こってりしたファンクよりもトロピカルハウスのほうが刺激や濃度は断然控えめなので、ダンスミュージックに馴染みがない人でも取っ付きやすいかも。

 

 オープニングを飾る『Boom Word Up』こそ前作の系譜を継いだゴキゲンなファンクナンバーですが、それに続くトロピカルハウス+レゲエ的な『Come Back to Bed』から早速 甘みと瑞々しさを含んだ柔らかなエレクトロサウンドで鼓膜をくすぐってきます。それ以降も平熱を保ちながら軽快に弾む『Complicated』、すっかり慶太のいちアビリティとして定着したファルセットを全面的に起用した ミドルナンバー『CAMOUFLAGE』、虚しさにまみれた身体を優しく洗い流すようなミドルスロー『wind wind blow』、恋と友情の狭間で揺れ惑う様を程よい湿り気を孕み色男気取りで歌い上げるウェットなミドルスロー『TABOO』と、何も考えずに嗜んでも心地よくなれるトロピカルハウス系統のナンバーが目白押し。

 

 

 そして今回は各自で作詞を手掛けたソロナンバーが設けられておりば。慶太ソロの、起伏を極力セーブし音数を極限まで絞ったアコースティックなミドルR&B『Separate Way』、龍一ソロの、w-inds.の歴史を総括しつつ これからのマニフェストを掲げたトロピカルハウス+ヒップホップ的な『ORIGINAL LOVE』、涼平ソロの、歌詞と歌唱の双方で30代らしからぬピュアネスを顕にしたスローR&B『In your warmth』と、いずれも一聴する限りでは地味な印象ながら、至極シンプルな作りゆえに各々の異なる本質が浮き彫りになっているのがいいっすね。

 

 トロピカルハウス+インディーR&B的な『We Don’t Need To Talk Anymore』はボーカルドロップを巧みに駆使したサビがハイライト。ドロップってのは本来サビ部分でボーカルを用いることなくシンセでメロディラインをなぞるもんなのですが、この楽曲ではシンセではなく加工したボーカルをコラージュの如く代用しており、そのアプローチや鳴りそのものがすこぶる痛快なんですよね。本作きっての名曲。ちなみにこの曲は慶太が作詞作曲アレンジまで全て手掛けた楽曲とのこと。なんやこの男、まじで才能(とは安直に言いたくはないけども)の塊やがな!

 

 

 ラストを飾るエレクトロ+R&B『Players』も慶太が手掛けた楽曲で、これもまたくそカッコいいんだよな。Bメロでボーカルが加工されながら上昇して、レトロチックなシンセによるドロップで落とす件とか最高よな。

 

 後半は音数が少ないミドルスローが続くため、心地よさよりかったるさを覚える人もいるかもしれませんが、個人的には直近のファンク路線よりも気に入りました。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です