アルバム感想『「WE ARE X」オリジナル・サウンドトラック』/ X JAPAN

「WE ARE X」オリジナル・サウンドトラック
『「WE ARE X」オリジナル・サウンドトラック』/ X JAPAN
2017.3.3
★★★★★★☆☆☆☆

[CD1]

01. La Venus (Acoustic Version)
02. Kurenai (From The Last Live)
03. Forever love
04. A Piano String in Es Dur
05. Dahlia
06. Crucify My Love
07. Xclamation
08. Standing Sex (From X Japan Returns)
09. Tears
10. Longing ~Setsubo no Yoru~
11. Art of Life -3rd Movement-
12. Endless Rain (From The Last Live)
13. X (From The Last Live)
14. Without You (Unplugged)

[CD2] Japan Bonus Tracks
01. Rusty Nail (From DAHLIA TOUR FINAL ~Mubou na Yoru~)
02. Forever love (From The Last Live)

 

 

 X JAPAN初のドキュメンタリー映画『We Are X』のサウンドトラック。
 真新しい音源は『La Venus (Acoustic Version)』『Without You (Unplugged)』のみで、その他はスタジオテイクもライブテイクも全て既存の音源です。

 

 まずは『La Venus (Acoustic Version)』。やっぱりYOSHIKIは期待を裏切らないなと感服するほかない ピアノとストリングスによる極上美バラード。Toshlの 年季の入ったボーカルは解散前とはだいぶ響きは異なりますが美しさは健在で、荘厳なオケを従える力強さを感じます。

 


 

 『Without You (Unplugged)』は2014年リリースのベスト盤にライブテイクが収録されていましたが、こちらはピアノのみをバックに据えたアンプラグドテイク。Toshlのボーカルに若干の粗が見受けられますが、hideに対する深い想いが込めに込められた歌唱にしか聴こえないゆえ、私的にはこれも好きなテイク。

 


 

 ということで、新たな音源2曲は凄くいいです。でもそれ以外は…。既存曲は既存曲でも、未発表の音源を収録するのであればまだ良かったんですけど、そういうのは一切なく。
 サウンドトラックと謳うのであれば、劇中で特に効果的に使用されていた再結成後の楽曲(『I.V.』『JADE』『BORN TO BE FREE』『HERO』)は収録しなきゃマズイでしょ。まあそれらは制作中のオリジナルアルバムに収録するため敢えて外したということなんでしょうけども、まあこれじゃあサウンドトラックとしては中途半端な内容と言わざるを得ないっすね。
 再結成後の楽曲だけじゃなくライブ音源も一切ないし、前述の最新音源はピアノとストリングスによるテイクだし、つまりはSUGIZOのギタープレーも皆無とか…いやいやソリャネーゼ・セニョリータ!

 

 要するにこれは映画をきっかけにXの楽曲に触れたとか破滅に向かって走りだしてしまった新規ユーザー(特に海外のユーザー)に向けた入門作、といった感じよね。あくまで入門作であってベストアルバムとは呼びたくないみたいな。っていうか実際ベストじゃなく一応サントラだし。

 新規ユーザーに向けた入門作としてはまあまあ良いと思います。『紅』『X』『Forever Love』『DAHLIA』『Endless Rain』も押さえてあるし、『Tears』は ややコンパクトになったテイクが収められたことだしね(それでも7分以上あるんですけど)。

 

 ただ、個人的には最新音源2曲だけで十分というか、それ以外は全て以前に聴いた音源なのでぶっちゃけいらないっす。私みたく再結成後のナンバーだけ欲しいという人は、『I.V.』『JADE』なども含めてiTunesでDLして聴いたほうが有意義です。完成間近と謳ってるオリアルも実際いつ出るのかなんて分からんのですから。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です