アルバム感想『HOLD ME』/ ZARD

HOLD ME
『HOLD ME』/ ZARD
1992.9.2
★★★★★★★☆☆☆

01. 眠れない夜を抱いて ★★★★★★★☆☆☆
02. 誰かが待ってる ★★★★★★★☆☆☆
03. サヨナラ言えなくて ★★★★★★★☆☆☆
04. あの微笑みを忘れないで ★★★★★★★★☆☆
05. 好きなように踊りたいの ★★★★★★★★☆☆
06. Dangerous Tonight ★★★★★★★★☆☆
07. こんなに愛しても ★★★★★★★★☆☆
08. Why Don’t You Leave Me Alone ★★★★★★★☆☆☆
09. 愛は眠ってる ★★★★★★★☆☆☆
10. 遠い日のNostalgia ★★★★★★★☆☆☆
11. So Together ★★★★★★☆☆☆☆

 

 

 4thシングル『眠れない夜を抱いて』がヒットしているさなかにリリースされ、ZARDが本格的にブレイク街道に乗っかる契機となった3rdアルバム。

 

 キラキラ澱んだキーボードや この時代特有の打ち込みなど当時のトレンドに従順なプロダクトでガッチガチに固められた メロディアスな歌謡ポップスが主軸となっていて、いよいよZARDの大まかな方向性がしっかりと定まってきたなという感じがしますな。

 

 爽快かつ開放的なポップソング『眠れない夜を抱いて』『あの微笑みを忘れないで』、当時のトレンドど真ん中を行くミディアムナンバー『誰かが待ってる』『サヨナラ言えなくて』『Why Don’t You Leave Me Alone』『愛は眠ってる』、男に振り回されるのまじウンザリ的なアップナンバー『好きなように踊りたいの』、エロティックなマイナーハードロック『Dangerous Tonight』、孤独なウーマン in the 都会の喧騒ってなイメージのミドルスロー『こんなに愛しても』、スケールやや大きめなバラード『遠い日のNostalgia』、ハッピーウェディング感満点のバラード『So Together』と…

 

 どの曲もシングルカットに耐えうる仕上がりではあるし、泉水さんの歌唱もこの時点で既に 思わず「あぁん…」って声が漏れちゃいそうなほど美しく ちょっとした色気とか母性みたいなもんが潜んでいて魅力的ではあるんですが、ミディアムナンバーがやたら多い上に その系統の楽曲は識別こそまだ出来はするものの どれも似通ってしまってるから、これくらいの尺や曲数でも聴き終える前にお腹いっぱいになってまうんだよな。そしてミディアム/バラード系はどれも当時のテレ朝のドラマ主題歌として普通に使えそう。
 オリジナル作品で しかも既存曲が1曲しかないのに ベスト盤を聴いてるような感覚になる不思議。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です