アルバム感想『OH MY LOVE』/ ZARD

OH MY LOVE
『OH MY LOVE』/ ZARD
1994.6.4
★★★★★★★★☆☆

01. Oh my love ★★★★★★★★☆☆
02. Top Secret ★★★★★★☆☆☆☆
03. きっと忘れない ★★★★★★★☆☆☆
04. もう少し あと少し… ★★★★★★★☆☆☆
05. 雨に濡れて ★★★★★★★★★★
06. この愛に泳ぎ疲れても ★★★★★★★★★☆
07. I still remember ★★★★★★★★☆☆
08. If you gimme smile ★★★★★★★★★☆
09. 来年の夏も ★★★★★★★★☆☆
10. あなたに帰りたい ★★★★★★★☆☆☆

 

 

 オリジナルとしては前作に次ぐ大ヒットとなった5thアルバム。
 見て下さい、このジャケ写!ZARDのパブリックイメージそのまんまって感じじゃないですか!中身もそのイメージから微塵のズレもない 清涼感とキラメキとちょい儚げな雰囲気に包まれていて、オリジナルアルバムながらZARDの名刺代わりといっても過言ではない作品であります。

 

 ということで、前作の続編も同然の内容。ただ、敢えて違いを挙げるならば、前作のほうがやや活発だったかなという感じはしますね。そしてなおかつ、前作よりも清涼感と儚げな雰囲気が前に出てきたかなという印象もありで。

 

 ZARDのパブリックイメージを凝縮したも同然な『Oh my love』、スリルを求める女子の姿を可愛らしいタッチで描写した爽やかミドルポップス『Top Secret』、冬意識の切ないミドルポップ『きっと忘れない』、やたら湿っぽいマイナー歌謡ミドル『もう少し あと少し…』、アクティブな爽快ポップソング『If you gimme smile』、アンニュイな胸キュンミドル『来年の夏も』、ひとりぼっちの海辺を連想させる切ないバラード『I still remember』『あなたに帰りたい』と今作も佳曲揃い。

 

 元々はZYYG,REV,ZARD&WANDS名義による疾走セツナロック『雨に濡れて』は全パート泉水さんソロボーカルで録り直したもので、間違いなく本作きっての名曲なんですけども、やっぱり上杉昇のボーカルがあったほうがモアベターだなって思っちゃいますね。感傷を孕んだハイトーンボーカルがこの楽曲にあまりにもフィットしすぎているゆえ。

 

 あと、哀愁と背徳を纏ったマイナーロック『この愛に泳ぎ疲れても』も凄くいいっすねえ。初期から着手していたマイナーロックをより洗練させ、なおかつ序盤のミドルバラードから2コーラス目でテンポアップさせるという応用もサラリとこなしている上々のアプローチを上手いこと魅せておりば。

 

 前作よりこっちのほうが好きです。曲単位でいうと今作のほうがファン人気の高い曲が多いという印象。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です