アルバム感想『HYPER GROOVE PARTY』 / Folder5

HYPER GROOVE PARTY
『HYPER GROOVE PARTY』 / Folder5
2003.1.22
★★★★★★★★☆☆

01. Ready!
02. AMAZING LOVE
03. GEMINI
04. Follow me
05. Final Fun-Boy
06. BE MY LOVE
07. カテナチオ
08. SUPERGIRL
09. 恋のかけら…(Featuring MOE)
10. Baby My Heart
11. Turn to you(Featuring HIKARI)
12. MY MIRACLE
13. ADVENTURE
14. Piece of wish
15. Depend on you
16. Still reminds me of you
17. Midnight Train(Featuring ARISA)
18. 灼熱~SUMMER BIRTHDAY~
19. Magical Eyes
20. Wonders(Featuring NATSU)
21. GO AHEAD!!
22. STAY…
23. Chance&Lucky
24. Break the silence
25. Liar
26. HEART BEAT
27. IT’S UP TO YOU
28. Believe
29. Precious Love
30. FAKE

 

スポンサーリンク



 

 リミックスでもベスト盤でもなく、全既存曲をオリジナルテイクのまま縮小し、それをノンストップ仕様でひとまとめにしたMIX CDです。オリアル未収録のカップリング曲『ADVENTURE』『灼熱~SUMMER BIRTHDAY~』『Chance&Lucky』『カテナチオ』まできっちり押さえてあるのがミソ。

 

 曲と曲との繋ぎは、別段驚くような仕掛けはないし ちょっと「あれ?」って思っちゃうトコもいくつかありますけど、かと言って壊滅的にヤバい箇所があるわけでもないので まあええんちゃうか的な。

 曲の配置に関しては割といいと思います。主に『HYPER GROOVE 1』収録の派手なアップナンバーで前後を固めて、中盤に『FIVE GIRLS』あたりのちょっと大人びた楽曲を据えるという 下に凸の放物線を描くような流れ。あと、オープニングにFolder5随一のハイテンションナンバー『Ready!』を持ってきたのもいいし、幕開けの仕方も申し分なし。ラストも出来ればアップナンバーで締めて欲しかったけど、バラードでしっとり締めるのも悪かないです。

 

 唯一引っ掛かったのは、楽曲の扱いが分かりやすいまでに不平等であることですね。曲によってワンコーラス止まりだったり2コーラスまるまる費やして3分近くも尺を占有していたりと(後者は主にシングル曲が該当)扱いにバラつきがあって、通しで聴くと ダレが生じることもあれば物足りなさを感じることもあったり。尺をなるたけ長く取ってボリューム感を出したかったのか、ミックスを手掛けた人の趣味嗜好が漏れた結果こうなっちまったのか分かりませんが、最初と最後以外の全曲ワンコーラスで統一するなどして均整のとれたメドレーにして欲しかったっすね。

 

 それでもそこそこ楽しんで聴けましたけどね。トータル的にはバリエーション不足が足枷になっていた印象の『FIVE GIRLS』からのナンバーも ひとくちサイズならそれを気にすることなく美味しくいただけちゃうし。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です