アルバム感想『ABINGDON ROAD』/ abingdon boys school


『ABINGDON ROAD』/ abingdon boys school
2010.1.27
★★★★★★★★★★

01.STRENGTH. ★★★★★★★★★☆
02.PINEAPPLE ARMY ★★★★★★★★☆☆
03.and I love… ★★★★★★★★☆☆
04.JAP ★★★★★★★★★★
05.蒼焔 -SOUEN- feat.BASI,サッコン,FUNKYMIC from 韻シスト ★★★★★★★★★★
06.潮騒 ★★★★★★★★★☆
07.From Dusk Till Dawn -INCH UP- ★★★★★★★★★☆
08.Siren ★★★★★★★★★★
09.BLADE CHORD ★★★★★★★★★☆
10.キミノウタ ★★★★★★★★★☆
11.Sweetest Coma Again ★★★★★★★★★☆
12.Gold Eclipse ★★★★★★★★☆☆
13.Valkyrie -Lioleia Mix- ★★★★★★★★★★
14.nocturne ★★★★★★★★☆☆

 

 

 

 前作から約2年3ヵ月ぶりとなる2ndアルバム。

 

 西川くんが本領を発揮した圧巻のボーカリゼーション、敏腕のスタジオミュージシャンによるパワフルでテクニカルなプレー、ポップさが備わっていながら やたら凝っている曲展開と…いい意味で、大まかには前作と変わらずです。

 

 V系っぽさチラ見せのメロディアスな疾走ロックナンバー『STRENGTH.』、性急なハードロック『PINEAPPLE ARMY』、終盤のドラミングが凄まじい儚げなミドルロックバラード『and I love…』、クールな装いの内側で熱がグツグツ煮えたぎっているミクスチャーロック『蒼焔 -SOUEN-』、爽やか切ないキャッチーなメロディと程よい分厚さや疾走感を打ち出したアンサンブルが絡み合ったストレートなマイナーロック『潮騒』『キミノウタ』、夜明けを連想させる穏やかで清々しいロックバラード『From Dusk Till Dawn』、アンサンブルのぶっとさや攻撃性が本作随一の変拍子メタル『Siren』、重厚感、疾走感、暑苦しさをバッチリ完備した和風ヘヴィロック『BLADE CHORD』、原曲以上にテクを盛り込みミクスチャーロックへと仕立て上げたLUNA SEAカバー『Sweetest Coma Again』と、前作に引けを取らない強力なオルタナ/ミクスチャーロックを演ってます。

 

 

 

 

 戦国BASARAタイアップがついた熱量抜群の陽性ハードロック『JAP』は声量オバケなる異名に偽りのないボーカルに痺れまくるナンバー。終盤の豪快な歌いっぷりには胸がすくし、間奏のギターソロも痛快だし、こりゃ名曲。

 

 

 そして、実質的に本作のラストを飾る性急でダンサブルなミクスチャーロック『Valkyrie』が強烈。こいつらどんだけテクニシャンなんだと言いたくなる変態プレーしかり、そんなアンサンブルに コラージュされた様々な効果音をぶっ込みながらもゴチャつかせずまとめあげるマジカルな手腕しかり、バンドの本質的な凄みがこれまでのどの楽曲よりもあらわになっちゃってます。これまた傑作なり。

 

 前作に続きこのアルバムも良作です。今のところ、本作がまだ最新作のままだけど、果たしてネクストはあるのか!?

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です