配信シングル感想『Whenever You Call』 / 嵐


『Whenever You Call』 / 嵐
2020.9.18

 
 いよいよ本日解禁されました、嵐の配信シングル『Whenever You Call』。

 Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)が楽曲提供したことで話題になりましたが、その話題の大きさに押し潰されることのない素晴らしいバラードナンバーで正直かなり驚き。や、「驚き」って言っちゃうと語弊があるというか、決して嵐をナメとったわけではないし、個人的に好きなブルーノ・マーズの楽曲も沢山あるのでもちろん楽しみにはしていたのですが、こんなラグジュアリーなムードを見事モノにした上で歌えてるのがシンプルに凄いなと思ったし、今までの嵐にはなかった類のカッコよさを打ち出してるわけですから、初聴で平常心を保ったまま聴き通せるわけがなかろうと。

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

 まず、ジャケ写さながらの美しい夜景を克明に音像化したようなロマンティックなサウンドが超絶品!イントロを耳にした瞬間ウットリしてしまうこと請け合いですが、この曲を名曲として決定づけたのはサウンドの力だけじゃなく、5人のボーカルがあってこそのもの。まあ英語の発音こそネイティブとはだいぶ距離がありますけど、それでもブルーノ・マーズがディレクションにも携わっていたこともあり、直近の楽曲と比較しても5人の歌唱は格段に洗練されてるし、大切な人(物)を守れるだけの包容力や頼もしさ、ジェントルマンたる気品や艶っぽさを5人で表現出来てるからこそ この曲は名曲たりえているのですよね。

 

 中でも大野のボーカルですよ。クールな歌い出しを聴いて改めて歌唱力の高さを実感させられたし、節回しとかハスキーボイスとか ちょいちょいブルーノ・マーズっぽさが垣間見えるのも面白い。

 大野と並んでメインポジションを担ってると思わしきニノのボーカルもセクシーで良いなあ。それでありながら 元来秘めていた少年性も色褪せることなく顔を覗かせてるのがまた良いっすな。

 ほんでサクラップ。当然ラップの出番なんてないし、それどころかブルーノ・マーズのアップナンバーで頻出するファンキーな歌い回しも登場しませんが、厚みを伴った ふくよかなボーカルが所謂サクラップに比肩する魅力を放っており、前述した包容力の演出に大きく寄与してます。

 そして相葉ちゃんやMJ。二人ともそれぞれ歌声に独特の癖があるような気がするのですが、それが漂白されないまま 楽曲に見合ったドレスアップを果たしてるのが凄い。ぶっちゃけ大野とサクラップのボーカルは最初この曲を聴いたとき誰が歌ってんのか全然分かんなかったけど笑、相葉ちゃんとMJはどれだけアップデートしようともすぐに判別が出来ちゃう。

 

 あとは歌詞ですけども。『IN THE SUMMER』よりもストレートに嵐とファンとの関係性を綴っており、そういった背景を抜きにしても「愛する女性に向けたプロポーズ」を歌詞化したものとして機能するよう綺麗にまとめ上げられてる感じがします。私は熱烈な嵐ファンではないというのもあってか、歌詞そのものに対しては可もなく不可もなくという感じなんですが、それを 日本語のまま歌わず英語詞で(しかもこの極上のサウンドの上で)歌ってるのが洒落ていて良いですな。てか日本語で歌っても音的に嵌まり良くなさそうだし。

 

 2ヵ月前の『IN THE SUMMER』もかなり好感触だったのですが(感想はコチラ⇒配信シングル感想『IN THE SUMMER』)、意外性も手伝ってか それを凌駕するほど気に入ってしまいました。活動休止間近だというのに なんなんだ このかつてないまでのチャレンジ精神は。11/3発売のオリジナルアルバムが俄然楽しみになってきましたな。

 

スポンサーリンク




 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA