アルバム感想『METAL GALAXY』 / BABYMETAL


『METAL GALAXY』 / BABYMETAL
2019.10.11
★★★★★★★★☆☆

[DISC-1]

1. FUTURE METAL ★★★★★★★☆☆☆
2. DA DA DANCE (feat. Tak Matsumoto) ★★★★★★★★★★
3. Elevator Girl ★★★★★★★★★☆
4. Shanti Shanti Shanti ★★★★★★★☆☆☆
5. Oh! MAJINAI (feat. Joakim Broden) ★★★★★★★★★☆
6. Brand New Day (feat. Tim Henson and Scott LePage) ★★★★★★☆☆☆☆
7. ↑↓←→BBAB ★★★★★★☆☆☆☆
8. Night Night Burn! ★★★★★★★☆☆☆

[DISC-2]

1. IN THE NAME OF ★★★★★★★☆☆☆
2. Distortion (feat. Alissa White-Gluz) ★★★★★★★★☆☆
3. PA PA YA!! (feat. F.HERO) ★★★★★★★★☆☆
4. BxMxC ★★★★★★★★★★
5. Kagerou ★★★★★★★★★☆
6. Starlight ★★★★★★★★★☆
7. Shine ★★★★★★★★★☆
8. Arkadia ★★★★★★★★☆☆

 

スポンサーリンク



 

 オリジナルとしては約3年半ぶりとなる3rdアルバム。

 

 YUIMETALの脱退、神バンドのギタリスト・藤原幹大氏の急逝といった苦難を経てようやくリリースされたわけですが、これまで(特に1stアルバム)のような「メタル×アイドルポップス」という図式じゃなく、メタルと他ジャンルの要素を混ぜ合わせてる曲が目立ち、一曲一曲の仕上がりやアルバム全体の顔ぶれ、ひいてはアプローチの手法自体が良くも悪くも激しくJ-POP的な感じがするのですよね。

 

 まあ個人的にはアプローチがどうだろうと 聴いてみて面白ければぶっちゃけ何でもいいし、1stや2ndに手をつけずにいきなりコレを聴いたら普通に面白いと思ってましたよきっと。ましてや初期の頃に比べりゃ 当然 2人とも少女から女へと成長してますから、1stで体感した「メタル×アイドルポップス」が織り成す痛快さなんか流石に求めちゃいませんけども、過去作に比べてメタル要素が軟化しちゃってるものがちょいちょい見受けられて、そこがなんとも痛いところ。つーかメタルサイドに添加物がやたら多く含まれてんのよ。アイドルポップス色が強かったメジャーデビュー前の楽曲ですら もっと骨太な音を鳴らしてたし、その点を維持するだけでも印象はいい意味で違ってたはず。

 

 まるでここ最近のリンキンやワンオクの如く EDMとメタルを前者寄りでブレンドした的なイントロダクション『FUTURE METAL』、中近東テイストの『Shanti Shanti Shanti』、まさかのR&Bとの掛け合わせに挑んだ『Brand New Day』、エレクトロポップ要素を有した『↑↓←→BBAB』、「いないいないばぁ~!」と空耳してまう ラテンテイストの『Night Night Burn!』など、メタル要素とぶつけ合うように無理苦理はめ込ませた 無骨でガッチガチな楽曲が個人的に特に引っ掛かってる曲なんですけども、悪い曲ではないんですよ いずれも。でもメタル要素が減退しているさなかで こんなジャンクフード風情の曲を立て続けに聴かされたら 流石に辟易するっちゅーねんって話ですよ。前述の『Night Night Burn!』は、サウンドの力じゃなく ラテンのノリをしっかりアウトプットしたSU-METALの歌唱があるからこそ辛うじてノれてるって感じだし。SU-METALに助けられてるというか SU-METALが自力でフォローに務めてるというか。と言いつつ、メタルとサンバをぶつけ合うように掛け合わせた『PA PA YA!! 』は割と面白かったんで、これはまあアリかなと思いますけど。

 

 あと、アイリッシュ音楽を取り込んだ『Oh! MAJINAI』は素直に良いと思います。これは異なる2つの要素がぶつかり合うのではなく溶け合うようにハイブリッドしているし、双方の激しいギャップが面白さに繋がってもいるので、この曲はかなり気に入ってます。

 

 

 メタルとユーロをハイブリッドした『DA DA DANCE』もかなり好きやなあ。曲タイトルでわざわざ「feat. Tak Matsumoto」と謳ってる割にさほど大々的なフィーチャリングはされてないような気がしますけど、曲自体は1stでの「メタル×アイドルポップス」スタイルが洗練を極めたような感じで、これは正当なアップデートと言っていいのではなかろうかと。明らかにDJ KOOを意識してんだろ的なラップも面白い笑。

 

 

 盛者必衰を牽制してるかのような『Elevator Girl』、ブラストビートが炸裂した『Distortion』といった メタルに比重を置いた「メタル×アイドルポップス」ナンバーも軒並み好感触。この図式のアプローチに関しては 前作よりも明らかに冴えてるので、決して悪いことばっかりでもないんですよね。和風情緒を内包したメロウなヘヴィメタル『Kagerou』も期待を裏切らない佳曲。

 

 『BxMxC』は本作随一の珍奇作で、トラップを取り込んだサウンドと ネジが吹っ飛んだようなSU-METALの尻上がりボーカルがこれまでのベビメタにはなかったカオスを巻き起こしてます。サウンドアプローチでトレンドを押さえてるのも良いですな。

 

 

 そして終盤3曲は、SU-METALのボーカルが真価を発揮するメロディアスな純正メタルのゾーン。壮麗かつ雄大なヒロイックメタル『Starlight』、凛々しさと大らかさを兼ねたSU-METALのボーカルが眩い光を照射する変拍子メタルバラード『Shine』、ドラコンフォースばりのバカっ速さと陽性ぶりがスパークしたメロスピナンバー『Arkadia』と、いずれも胸のすく出来栄えで、ここに関してはガッツポーズものです。

 

 冒頭で述べたJ-POP的なアプローチとかメタル要素の軟化以外にも MOAMETAL成分が圧倒的に不足してる点も物足りなさやネックに感じる部分ではあるけど、ひと通り見てみたら意外と好きな曲が多かった笑。終わり良ければ総て良しではないけれども、そんなに悲観することはないのかもね。まあまあ良いアルバムでした。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です