月別アーカイブ: 2019年4月

平成の音楽を総括するの巻#3【平成3年(1991年)】

平成の音楽を総括するコーナー第3弾。当時まだ5,6歳の幼稚園児ゆえ この年も例によって後追いで聴いたものばっかなんですが、個人的にはここから本格的に音楽が面白くなってきたなって感じがするんですよね。今回は逆に情報量が多めになっちまってますがご容赦下さいませ。

 

続きを読む

平成の音楽を総括するの巻#2【平成2年(1990年)】

平成の音楽を総括するコーナー第2弾。今回は平成2年(1990年)です。当時まだ4,5歳ということもあり、ほとんどの楽曲が後追いで聴いたものばっかなんですが、ここからはマイフェイバリットな楽曲を20曲、アルバムを10枚セレクトしていきます。

 

続きを読む

平成の音楽を総括するの巻#1【平成元年(1989年)】

さあっ!ということで、平成も残すところあと数日となりました。そこで今回は、平成における日本の音楽を自分勝手に総括していこうじゃないかと、このように思っているわけでございます。つっても、やることなんてそんな大したことじゃなく、その年にリリースされた楽曲やアルバムのマイベストを選んで あーだこーだと綴っていくだけのものです。

 

ちなみに楽曲に関しては1アーティスト1曲のみというルールを設けて選んでます。そうじゃないと特に好きなアーティストでランキングが埋め尽くされる恐れがあるし、いつの時代も素晴らしい楽曲そしてアーティストは多々存在しますゆえ 出来るだけ幅広くスポットをあてていきたいという意図でこのようにさせていただいておりば。

 

ではまずは平成元年(1989年)から。私は2019年4月現在33歳なので、当時3,4歳ということになります。なので、ぶっちゃけ当時のことはほとんど覚えてないっす。聴いた楽曲・アルバムの大半は完全なる後追いだし、まともに掘り下げも出来てないので中身は薄めです。ご容赦下さい。

 

続きを読む

山本彩はソロアーティストとして成功できるのか?

 

皆さん、↑のイケメン美女のことをご存知でしょうか。そうです、彼女は女性シンガーソングライターである山本彩さん。アイドルグループ・NMB48のメンバーでありキャプテンでありエースでもあった彼女が昨年11月にグループを卒業し、今年2月から全国ツアーを敢行してるわけですが、 今月17日(2019/04/17)にグループ卒業後初となる作品もといシングル『イチリンソウ』をリリースすることが決定しています。 山本彩と言えば、『365日の紙飛行機』を大勢いるアイドル集団のフロントで歌ってる人とか、JTのCMで『ひといきつきながら』を歌ってる人と認識している人も多いかと思います。もちろん、その認識に間違いはありません。

 

が、NMB48というアイドルグループに在籍していたがゆえにどうも誤解されがちというか、「”アイドルにしては”歌が上手い」程度に認識が止まってたり、「ちょっとギターが弾けてそこそこ歌が上手い程度でここまで過大評価されていることに疑問を感じる」的なことをぬかしてる連中が未だに散見されるこの現状に私は異を唱えたい。つーか異を唱える前にギガデインを唱えて、アイドルという肩書き一つで何でもかんでも軽視しやがるその連中のイカれた思考回路をぶっ壊してやりたい。そこで今回は、山本彩のアーティストとしての実力が一体どんなもんなのかと、そして、何年も前から各所で散々言われてることだけども、彼女がソロアーティストとして成功を収めることができるのかどうか、なんてことを私ごときがあれやこれやと色々と書いていきたいと思ってます。

 

続きを読む