日別アーカイブ: 2019年5月18日

平成の音楽を総括するの巻#11【平成11年(1999年)】

ということで、平成11年(1999年)。当時私は中学1,2年でした。90年代の終わりとか世紀末とか千年紀の最後の年とか、西暦や和暦といった数字での大きな区切りを迎えた年でありますが、日本の音楽シーンにおいても大きな確変が起こった年といっても過言じゃないでしょ。この一年で音楽シーンの常識がド派手に更新されたというか。特に大きな変化として挙げられるのは、ヒット曲におけるポピュラーとアングラの境界線やジャンルの垣根が薄れてきたこと。2019年現在の視点からすると まだまだボーダーが崩壊したとは言い難いけども、お茶の間レベルにまで浸透した J-POPに位置する大ヒット曲もちゃんとある傍ら、それまで目立った場所で鳴る機会が少なかったアングラサイドの楽曲もチャート上位でも鳴るようになったり それが新たなトレンドを生み出したりと、今改めて考えると、チャート的にごちゃ混ぜになりながらも市場はまだまだ活気に溢れていた当時の日本の音楽シーンは なんやかんやで面白かったなあと思うわけです。

 

続きを読む