アルバム感想『FIVE GIRLS』 / Folder5


『FIVE GIRLS』 / Folder5
2002.7.17
★★★★★★★☆☆☆

01. Baby My Heart ★★★★★★★★☆☆
02. MY MIRACLE ★★★★★★★★☆☆
03. Still reminds me of you ★★★★★★★☆☆☆
04. Piece of wish ★★★★★★★☆☆☆
05. GO AHEAD!! ★★★★★★★★★☆
06. 恋のカケラ… (feat. MOE) ★★★★★★★★☆☆
07. Turn to you (feat. HIKARI) ★★★★★★★☆☆☆
08. Midnight Train (feat. ARISA) ★★★★★★★☆☆☆
09. Wonders (feat. NATSU) ★★★★★★★☆☆☆
10. Magical Eyes (Album Version) ★★★★★★★★★★
11. Depend on you ★★★★★★★★☆☆
12. Precious Love ★★★★★★★★★☆
13. FAKE ★★★★★★★☆☆☆
14. Believe (Dubby Budda “Pumpin Trance mix”) ★★★★☆☆☆☆☆☆

 

スポンサーリンク



 

 約1年ぶりとなる2ndアルバム。

 前作とはガラッと趣向が変わりました。あまりに早く大人になってしまったSPEEDを意識したのかどうか、ユーロナンバーを一切排除し、ほぼ同時期に活動していたティーンエイジユニットも演ってたようなダンスナンバーやR&B系ナンバーなどに着手するように。その結果、この一年で随分と大人になったもんだなあって感じがする一枚になったわけですが、その変化が良かったかどうかというと…。

 

 2000年代前半のティーンエイジユニットの王道ともいうべきダンスポップナンバー『Baby My Heart』、流麗なストリングスと鍵盤を絡めたフェミニズム溢れるトラックが美しいミドルナンバー『Still reminds me of you』、陰りを帯びたミドルR&Bナンバー『Depend on you』、2番サビでちょっと泣きがかった掠れ声になるのがいい味なミドルR&B『Precious Love』、メロディが清貴の『The Only One』っぽいバラード『FAKE』など、大人の階段を上り始めた的なアルバム曲が多くあり、一曲単位で掻い摘むと割りと好感触のものがちらほらあるんですけど、通しで聴くと、前作まであった元気いっぱいな側面をもう少し残してやってもよかったんじゃないかなと思ってしまうんですよね。そういう一面が覗ける楽曲といったら、当時のmoveカラーが全面に出たパワフルなダンスナンバー『GO AHEAD!!』くらいだし。『MY MIRACLE』は元気いっぱいとはちょっと違うけど、ミドルティーンあたりの青春まさかり感が眩く照射されてるのが良いですな。

 

 Folder5随一のむず痒さを誇るアイドル感バリバリなポップナンバー『Magical Eyes』は、アルバムのカラーに合わせてドレッシーなスタイルに衣替えしていますが、これは凄くいいリアレンジ!原型は原型で勿論アリだけど、それとは違った魅力をしっかり引き出せているし、個人的にはちょっと大人びた こっちの四つ打ちミドルバラードver.のほうが好みなので、これは嬉しい試み。ピチレモンからセブンティーンに乗り換えたみたいなこの変化、素晴らしいっすわ。

 

 

 あと、AKINA以外の4人がそれぞれメインボーカルを務めた楽曲が収録されてるのも本作の特徴の一つ。『Turn to you (feat. HIKARI)』『Midnight Train (feat. ARISA)』を聴くと、せっかくAKINA以外のメンバーをフィーチャーしてるんだから、楽曲のほうも ノーマルなダンスポップを演るんじゃなく、歌い手のキャラに合わせてもっと冒険とか遊びに振り切っちゃってもいいんじゃないかなと思うんですが、その中でも、80’s商業ロックをティーンズダンスポップ的に解釈したかのような『恋のカケラ… (feat. MOE)』が異彩を放ってます。AKINAの次に良いなって思ったボーカルだし、間奏が思いのほかカッコいいし、これはなかなか良い曲じゃないすか。恋にうつつをぬかしてる的なウキウキシャッフル『Wonders (feat. NATSU)』は特別めっちゃ好みってわけでもないけど、アルバムを通しで聴くと このチープなアイドル感がちょっとコミカルに思えて 流れ的にはアリなんではなかろうかと。

 

 好きな曲がちょいちょいあるとは言えども、アルバム全体の満足度となると正直微妙です。1999~2003年頃まで幅をきかせていたティーンエイジユニットのテンプレみたいな曲が多すぎだし、最後に収録されてる『Believe』のトランスバージョンとか 歌メロとアレンジが全く噛み合ってなくて 7分半くっそダリぃ。ていうか、これが実質ラストの作品になってしまうとは予想だにしなかった…。しかもフェードアウト解散ときたもんだ。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です