アルバム感想『確実変動 -KAKUHEN-』 / Gacharic Spin


『確実変動 -KAKUHEN-』 / Gacharic Spin
2016.9.7
★★★★★★★★☆☆

01. KAKUHEN ★★★★★★★★☆☆
02. Friendship ★★★★★★★☆☆☆
03. シャキシャキして!! ★★★★★★★★☆☆
04. ゴー!ライバー ★★★★★★★★☆☆
05. 最後のピース ★★★★★★★★★☆
06. パラリヤハッピー ★★★★★★★☆☆☆
07. 恋愛スイッチ ★★★★★★★★★☆
08. 胸を張ってもいいんだよ ★★★★★★★★☆☆
09. シナリオ ★★★★★★★★☆☆
10. 白がこの街と僕を染める ★★★★★★★☆☆☆
11. リスキーリスキー ★★★★★★★★★☆
12. アルブスの少女 ★★★★★★★★★★
77. ニコリン星の通勤ラッシュ ★★★★★★★★★☆

 

スポンサーリンク



 

 約1年ぶりとなる通算4作目のオリジナルアルバム。

 メンバー曰く「歌モノ」をテーマに掲げているとのことですが、確かにそんな感じがしますね。まあ元々ガチャピンの楽曲はポップさが根幹にあるし メロディも立っているものがほとんどですけども、いわゆるメロスピにあるような草メロではなく、今回はJ-POP直系のカラオケ映え・テレビ映えするメロディアスさやポップさが核になっています。

 

 ちょいと意地悪な言い方、売れ線に偏ったというような声も聞こえてくるかも分かりません。実際、歌メロはキャッチーさを増してるし、そこがクローズアップされてる分、演奏はいつもより控えめになってるし。とは言っても、並のバンドに比べたら(てゆーか、今までのガチャピンと比較しない限り)これでも十分 奮闘してるほうです。だいたい この人たちが売れ線に傾倒したくらいで 超絶技巧集団としての矜持を捨てるなんて愚行に走るわけがないやんかと笑。

 

 オープニングを飾るアップナンバー『KAKUHEN』は、あからさますぎるほどデジタル成分の含有量が高めですが、バンドアンサンブルがガッチリと礎を築いており、パワーと躍動感はバッチリ。単調にならないよう どのパートも動きまくってるし、この曲に関してはいい意味で前作の楽曲群と大きくは変わらず。

 

 

 続く『Friendship』から本格的に歌モノのゾーンに入ります。清々しくセンチメンタルな歌メロが胸をくすぐる疾走ミドルポップスで、いつものようにガチャガチャとしゃしゃり出るような演奏は控えています。が、決して暇を持て余してるわけじゃなく、歌を立てる演奏に徹しているような感じで、ベースに関してはボーカルとハモるように鳴ってます。つーか曲始まった時からほぼずっとベースは歌ってるよな笑。低音で「うぅううぅう~~~♪」ってな感じで(雑)。

 

 シングルとしてリリースされ、ハウス「メガシャキ」のCMソングに起用された『シャキシャキして!!』は、まさにCMソングに起用されて然るべきといった感じの いろんな意味でコマーシャルなダンスロック。まあぶっちゃけ、この時のメガシャキのCMを観た覚えが全くないんですけど、確かに一度聴いて耳に残るキャッチーさを有しているし、歌詞はタイアップ先に見合った内容と思わしき感じだし、演奏も ギターはファンキーなプレーで聴き手をノせにきてるし、ベースも1コーラス目と2コーラス目でフレーズを変えたりと工夫を凝らしているし、さらにはガチャピンならではのガチャガチャしたポップな装いもガッチリ完備。最低限応えるべき要請にしっかり応じつつ 自身の強みもしっかり打ち出した佳曲であります。

 

 

 『ゴー!ライバー』『胸を張ってもいいんだよ』『リスキーリスキー』は、EDMをメインとしたデジタル要素と バンドアンサンブルをハイブリッドした陽性アップナンバー。そうです、これがれっきとしたハイブリッドってやつです!アルバム『Delicious』(2013.3.6)の時みたいにアンサンブルがデジタルに飲まれてるなんて事態に陥っていないのが流石っすな。EDM・ダブステップの織り交ぜ方も洗練されてるし(アプローチ自体は3,4年遅れてる感じがするけど笑)、『リスキーリスキー』の間奏ではEDM・ダブステップをカジュアルに取り込んでいて実にユニーク。こういうアレンジ面でガチャピンならではの味を打ち出せているのは大きなプラスポイントでしょ。

 

 『恋愛スイッチ』は本作で最もハードな作風のメタルナンバーですが、よりにもよって そんな楽曲でTOMO-ZOがメインボーカルをとるという暴挙に笑。 てゆーか、メロディ(特にサビ)だけ抽出すると割りとアイドルポップス的な感触があるんで、そう考えると案外妥当な人選なのかもしれん。甘めでやや のっぺりしたボーカルは良くも悪くもアイドルのイメージまんまだし…って、それはちょっと余計な一言でしたか。歌だけではなく、本業であるギターでも始終 大張り切りで、間奏のギタープレーは 頼りなさげな歌唱と真逆で 実に勇壮な振る舞い。ギャップ萌えを狙ってんのかこれは笑。

 

 その他、大塚愛ばりの泣きメロをドラマティックなアレンジとハードな演奏で聴かせる『最後のピース』、コミカルに寄せた ホンキートンキークレイジーみたいなノリのポップソング『パラリヤハッピー』、哀愁際立つエモーショナルなアップナンバー『シナリオ』、オレオのハイトーンボーカルが詞世界の情景をより明確にしたロックバラード『白がこの街と僕を染める』と、ガチャピンなりに歌モノを突き詰めた佳曲を連発。

 

 本編ラストの『アルブスの少女』は、ガチャピンが持ち得るスペックや遊び心をふんだんに活かしたアップナンバー。その名の通り「アルプスの少女ハイジ」をもじった曲で、「おしーえてー!おじいさーん!」だの「ヨ~ロロ~ロロッヒッフ~」だのパロディネタもばっちり押さえてあります。自称ブスの卑屈さと不屈さをコミカルに描写した歌詞、鬱憤を晴らすかのような演奏、おもちゃ箱をぶちまけたようなアレンジと、箍が外れて好き放題やり散らかしたような感じが実に痛快。歌モノをテーマにしたくせに 結局 自我剥き出しのこんな曲で締めるんかいと言いたくなりますが、見方を変えれば、ガチャピンのイズムは今回もしっかり堅持されていたんだなということでもありますね。なんやかんやで私もこの曲がいちばん好きだし笑。

 

 そして本作にはボーナストラックが収められています。その名も『ニコリン星の通勤ラッシュ』ということで、イロモノファンタジー感が半端ないタイトルが冠されていますが、実際のところメンバーの演奏スキルが本作中でも とりわけ遺憾なく発揮されたヒロイックなハードロックインスト。サウンドスケープ的にもガチャピンらしさがハッキリと表れているし、各メンバーの見せ場もしっかり設けられてるし、『アルブスの少女』とはまた別に、本編では思うさま演れなかったことをここで見事に演り切ったような感じですね。良きかな良きかな。

 

 相対的に演奏は控えめになったと書きましたが、それによって 歌モノナンバーに対する演奏の器用な立ち回り方やアレンジセンスの良さが却って際立ったりもしたので、こういうアプローチもアリなんじゃないかと一聴して納得しました。これも面白いアルバムです。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です