アルバム感想『G-litter』 / Gacharic Spin


『G-litter』 / Gacharic Spin
2018.4.11
★★★★★★★★☆☆

01. Redline ★★★★★★★★★☆
02. Peacefully ★★★★★★★★☆☆
03. ドレミファンタジック ★★★★★★★★★☆
04. ジェネレーションギャップ ★★★★★★★☆☆☆
05. 愛Scream ★★★★★★★★★☆
06. 幸せのサイン ★★★★★★★☆☆☆
07. your place ★★★★★★★★☆☆
08. 年齢不詳の魔女になりたい ★★★★★★★★★★
09. アメフラレ ★★★★★★★★★☆
10. ズバリ発情期! ★★★★★★★★☆☆
11. うんうんうんちくん (Bonus Track) ★★★★★☆☆☆☆☆

 

スポンサーリンク



 

 約1年半ぶりとなる通算5作目のアルバム。

 今回は前作みたいに「歌モノ」に焦点をあてている感じではなく、単純にポップ寄りの楽曲が多め。と言っても、演奏は相変わらず軟化した様子が全くないし、少なくとも前作よりはアグレッションもテクニックもカムバックしてきているので、これはいいこと。

 

 オープニング曲にしてリード曲でもある『Redline』は、ガチャピン鉄板のガッチャガチャなデジロックナンバー。はながリードしつつオレオがサイドから応戦したり パフォーマーのまいちゃんがラップで扇動したりといったボーカルワークも意気揚々としているし、演奏陣のプレーも 地球でZ戦士達と戦闘する時のナッパばりに初っ端から豪快にかっ飛ばしてるし、安心感もありつつ思わずガッツポーズをとってしまいそうなほどの快作じゃなかろうかと。

 

 

 展開を追うごとに希望の波紋を広げていくようなイメージの眩いポップロックナンバー『Peacefully』、程よい塩梅でファンタジックなキラメキを取り込み テクニカルプレーも当然のように盛り込まれた TOMO-ZOボーカルのロックナンバー『ドレミファンタジック』、ネガティブな感情がヒートアップしていくかのように攻撃性がエスカレーションしてゆく演奏陣のプレーが聴きどころの『愛Scream』、どういうわけかUVERworldっぽさが漂う 憂いを帯びたエモロックナンバー『幸せのサイン』、バンドアンサンブルとデジタル要素とのハイブリッドは今やすっかりお手の物って感じのハードエッジなダンスロック『your place』、なんやこれシングル曲じゃないんかいと思ってまうほどの会心かつコマーシャルな出来栄えのエモーショナルなハードロック『アメフラレ』と、今回もガチャピンらしさを堅持した好感触なロックナンバーがポンポン飛び出しております。

 

 ただ、本作には4曲もの問題児ソングが潜んでいるのだ!それら4曲によって私が懸念しているのは「ガチャピンがイロモノバンド視されかねない」ということだ!

 

 『ジェネレーションギャップ』はガチャピンとしては初となる80sディスコテイストのダンサブルなロックナンバーで、何故今までこの手の曲がなかったんだというほど嵌まりが良い佳曲なのですが、如何せん歌詞がコミカルに傾倒しすぎやせんかと。せっかく80sディスコたる華やかなアレンジを纏っているのに、「ギャップっぷ~のぷっぷっぷ~♪」とか何歌ってんだ!?まあ鎌倉幕府のくだりはこの曲聴いて初めて知ったんで ちょっとした勉強にはなりましたけども。しかもこれ、シングル曲だったんかい。だったら尚更なにしとんねんって話よ!

 

 『年齢不詳の魔女になりたい』はタイトルからしてTOMO-ZOっぽいなと思ってたけど、やはりTOMO-ZOリードボーカル曲だったか。こちらは前述の『ドレミファンタジック』と違ってガーリーさやファンタジック成分を多分に含有したメロコアナンバー。メロコアっつっても始終ひたすら突っ走ってるわけじゃなく、各コーラス毎にフレーズを変えるのはもちろんのこと、間奏ではバウンシーなノリに切り替えてパワフルさを押し出したりと、甘々キャピキャピ一辺倒にならない小技と構成がしっかり練られているのがサスガすぎる。アルバムならではのこういう遊び心はシンプルに面白いと思うし、これはケチつけるトコなんか全くありません。むしろコレが私的に本作のベストナンバー。

 

 ほんで、ヤバさが爆発したタイトルがイヤでも目を惹く『ズバリ発情期!』。こちらはオレオがリードボーカルを務めているメロコアナンバーですが、いくらなんでもふざけすぎ笑。や、面白いし演奏も手抜かりなしではあるけど、コミカルを通り越して完全にイロモノやんかと。捨て身にも程があるぞと。にしてもオレオは何故こんなにもダメ女キャラが嵌まってしまうのか笑。前述の『愛Scream』での語り(「奪ってほしいも全てが欲しいも嘘でしょ?そんな顔されたってさ」とか)も恐ろしいくらいに適任すぎたし。

 

 そしてそして、本作随一の いろんな意味でのくせ者なのが、ボートラ扱いの『うんうんうんちくん』。な、なんだこりゃ!?なんでも、アニマックスオリジナル番組「うたのじかん」のテーマ曲だそうで、どうやら小さなおともだちを対象に作ったっぽいっすね。そして楽曲の作風は なんだか きゃりーぱみゅぱみゅ風のポップソングで、お年寄りでも手拍子しながら簡単に歌えそうな曲。この作風では当然 超絶技巧集団バンドの強みであるテクニカルな演奏も炸裂する隙など全くありゃしません。じゃあ何でガチャピンにオファーしたんや!イロモノバンドやと思っとったんか!?まあでもこの手の題材は、確か幼稚園児や小学生向けの漢字ドリルや算数ドリルで大ヒットになったと話題になったことがあったんで、案外トレンドを突いたアプローチなのかもしれんな。

 にしても、ボートラ扱いとはいえ、この曲でアルバムを締めるというのは なんともシュールですけども、そうすると本編ラストは『ズバリ発情期!』ということになるわけで、うーむ…やっぱりイロモノバンドじゃねーかよ!(狂)

 

 『年齢不詳の魔女になりたい』然り『ズバリ発情期!』然り、1曲1曲は良いのよ。『ジェネレーションギャップ』も歌詞を気にしなけりゃ普通に良い曲だし。でも1枚のアルバムでこんなにコミックソングはいらんやんかと。ふざけるにしても末尾2曲のタイトルの並びはまずいやんかと。不満というか 気ぃつけやと言いたくなるトコはまあそれくらいで、トータル的には今回もめいっぱい楽しめました。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です