アルバム感想『GUILTY』 / GLAY


『GUILTY』 / GLAY
2013.1.23
★★★★★★★☆☆☆

01. Red moon & Silver sun ~ My Private “Jealousy” ★★★★★★★★☆☆
02. everKrack(album ver.) ★★★★★★★★★☆
03. FACTORY ★★★★★★★★☆☆
04. 冬の遊歩道 ★★★★★★★★★☆
05. 華よ嵐よ ★★★★★★★☆☆☆
06. キリノナカ(album ver.) ★★★★★★★★★★
07. 初恋を唄え ★★★★★★★☆☆☆
08. Bible ★★★★★★★★☆☆
09. Ruby’s Blanket ★★★★★★★★☆☆
10. 君にあえたら ★★★★★★★★★☆

 

スポンサーリンク



 

 2枚同時リリースされたオリアルのうちの一枚で、こちらは「王道!!GLAYサウンドの最高峰作品」と謳っている 佐久間正英氏プロデュース作品。って、この前のアルバム(『GLAY』)とテーマが変わってないやん。っていうか今回 既出曲が大杉。全部で6曲もあるんですよ。G-DIRECT限定販売の『G4・Ⅱ-RED MOON-』(レビューはこちら)から3曲も収録されてるばかりか、ミニアルバム『Hope and The Silver Sunrise』(レビューはこちら)からも1曲(Tr.10)チョイスされるとは…。『LOVE IS BEAUTIFUL』の悪夢再びじゃないですか。そういう意味では確かに”GUILTY”だわ、このアルバム。

 

 『キリノナカ』はシングルバージョンのほうが好きなんですけど、やっぱりこれが本作のベストトラックになるかな。間延びしまくったサビメロがTERUの熱唱と切迫感溢れる演奏によって熱くカッコよくエモーショナルに響く、近年どころかオールタイム通して5本の指に入るほどの名曲。2サビ前のキメもカッコよすぎ。TAKUROメロディとTERUボーカルとの爆発的なケミストリーが起こっているという意味では、紛れもなく「王道!!GLAYサウンドの最高峰」ですね。雪国バラード『冬の遊歩道』も同様で、サビで一気に盛り上がりをみせる展開も相俟って、これも絶品の一曲。

 

 シリアスな空気を醸し出している泥まみれソング『FACTORY』、ネトゲ廃人ソング『everKrack』とはまた趣向が異なる ダンサブルかつダサいディスコ歌謡『華よ嵐よ』は、王道を謳うアルバム曲の割りに、これまでのGLAYナンバーではあまり聴いたことがないような楽曲なんですよね。ただし、メロディはマジTAKUROすぎるって感じですけど。

 

 冒頭のトラック、『My Private “Jealousy”』のイントロダクションとして、ライブのオープニングでSEに採用していた『Red moon & Silver sun』を持ってきているのがいいです。本編マイプラがさらに活気づいたような印象を受けたし、『UNITY ROOTS & FAMILY, AWAY』とは趣が異なるオーケストラルなアレンジもカッコいい。トラックがセパレートされていないのがちょっと厄介ですけどね。ちゃんとセットで聴けということなんやろか。

 

 寄せ集め感がなく、いちオリアルとしての纏まりを有しているんですけど、諸手を挙げて喜べる一枚かどうかって言うと、それはまた別のお話。既存曲云々もそうだし、仮にG-DIRECTでお買い物してなかったとしても、そもそも全体的(特にアルバム曲)に華がないからな笑。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA