アルバム感想『LEO』 / 家入レオ

LEO(初回限定盤)
『LEO』 / 家入レオ
2012.10.24
★★★★★★☆☆☆☆

01. サブリナ ★★★★★★★★☆☆
02. Last Stage ★★★★★☆☆☆☆☆
03. Say Goodbye ★★★★★★★☆☆☆
04. Shine ★★★★★★★★☆☆
05. 明日また晴れますように ★★★★★★★☆☆☆
06. Second Dream ★★★★★★☆☆☆☆
07. キミだけ ★★★★★★★☆☆☆
08. Bless You ★★★★★★★☆☆☆
09. Fake Love ★★★★★☆☆☆☆☆
10. Hello ★★★★★★★☆☆☆
11. ミスター ★★★★★★★☆☆☆
12. Lady Mary ★★★★★★★★★★
13. Linda  ★★★★★★★★★★

 

スポンサーリンク




 若手女性シンガー、家入レオさんの1stアルバム。

 意志の強さと 年相応の少女らしさを兼ね備えたレオさんのボーカルは個人的にかなり好みでして、『サブリナ』『Shine』といった先行シングルが割と好きだったというのもあってアルバムのほうも聴いてみたんですけど、う、う~む…これは…。

 

 

 正直シングル曲に比べて 他の楽曲は力不足だとか面白味に欠けるなあというのも勿論あるんですけど、いちばんの問題はなんといってもアレンジとサウンドプロダクションですよね。ほぼ全曲に言えることなんですけど、ぶっちゃけどちらもショボいです。音色が澱んでるというか なんか薄汚れた感じがするんですよね。

 

 あとリズムの響きがチープ。打ち込みを 楽曲にとってのプラスアルファとしてではなく、単なる人件費削減のためにしか使ってないし、その上それが歌や楽曲の足を引っ張ってるとかなんだそりゃっていう。費用対効果とか考えてなさそうな広告・宣伝に金かけまくる前にその2点を改善せんかいと。「どうせJ-POPユーザーは歌メロと歌詞以外ろくに聴いちゃいないんだろ?」みたいな制作側の意思が透けて見えるようです。まあ あながち間違いでもないとは思いますけど(?)、それにしたってもうちょいやりようがあるやろと。

 

 『Fake Love』を聴くと特にそんな感じがしますな。レオさんの歌は良いんですよ。「きらいきらいきらぁ~い♪」の件とか否応なしに萌えたりするし。しかしなんなんだこのやる気なさすぎなサウンドプロダクションは!さっきも言いましたけど、生半可に澱んだこの音ですよ。どう考えても演出じゃないでしょ。聴いてて気持ち悪いだけだし、これのせいでせっかくの歌も台無し。

 

 荒廃ムードのシリアスナンバー『Last Stage』『Bless You』にしても バックがもっとしっかりしてりゃ今よりも数段カッコよくなっただろうし。ああ勿体無いのう。ちなみに後者はサビの裏返り(「心 消さないで」とか「僕は愚か者」とか)が最大の聴きどころです。そして、冒頭いきなり「愛なんて」と迫るように歌い出す件はちょっと心臓に悪いっす。これ歌ってるのが絢香だったら大変なことになっとったぞ!ポケモンショックの再来みたいな。

 

 

 それと、曲の幅が狭いっすね。大まかに言うと90s J-POP直系の歌謡ロックと YUIと似ているようなそうでもないようなって感じのアコースティックなポップスしかないし、その中で一際キャラが立ってる曲といったら『ミスター』『Lady Mary』『Linda』くらいしかないですからね。まあ『ミスター』は個性が強いというより 本作で唯一ポジティブ&キュートな一面が目に見えて表出してるから 相対的に存在感が際立ってるって感じですけど。

 

 『Lady Mary』は初っ端から幸薄そうな女って感じのムードを漂わせた、いわゆる木村多江風バラードってやつです。アレンジ・サウンドプロダクションの妙、そして(おおよそ10代が歌うような曲じゃないやんって意味で)意外性も相俟って、存在感がいい意味で際立ってたし、私的にはこれがベストな一曲。

 

 

 歌唱だけなら『Linda』がベストナンバー。楽曲のバリエーションの乏しさとは逆に、歌唱においてはアルバム全体通して表情が豊かだし、これ一曲だけとっても感情の起伏に富んでいるし、実によいではないですか。そしてバックはというと、あまりに無骨なロック風アレンジ、みすぼらしいシンセストリングス、相変わらず薄汚れたサウンドプロダクションと、アチャーな要素がてんこもりって感じなんですが、この曲に限ってはそれらがプラスに作用してるというか「意地でも弱音を吐かないロンリーガールの荒ぶり」感演出に貢献しているので、どうせ怪我の功名でしょうけどハナマルをあげてもいい仕上がり。これも凄く好きな曲です。まあ度々連呼される「だってリンダリンダ」はぶっちゃけ意味プーすぎるのですけど。

 

 

 ということで、通しで聴くのは正直キツイっす。ただ、誤解のないように言っておくと、これはレオさんの責任ではないです。レオさんは歌い手として精一杯 尽力しているし、こんな劣悪な音の渦の中でもちゃんと歌の魅力は伝わってくるんですけど、制作陣はやる気がないのか根本的に勘違いしているのか、いずれにせよ「このアルバムの仕上がりがイマイチなのはどう考えてもお前らが悪い!」と言いたくなる仕事をしているのが実に残念すぎるなと。絢香をプロデュースしてた頃は今よりいい仕事してたんだから、もうホント頼むよ西尾先生。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です