アルバム感想『LOVE BRACE』/ 華原朋美

LOVE BRACE
『LOVE BRACE』/ 華原朋美
1996.6.3
★★★★★★★★★☆

01. LOVE BRACE [overture]
02. Just a real love night ★★★★★★★★★☆
03. keep your self alive [more rock] ★★★★★★★★☆☆
04. Living on…! ★★★★★★★★★★
05. I BELIEVE [album earth mix] ★★★★★★★★★☆
06. summer visit ★★★★★★★★☆☆
07. MOONLIGHT ★★★★★★☆☆☆☆
08. I’m proud [full version] ★★★★★★★★★☆
09. Somebody loves you ★★★★★★★☆☆☆
10. LOVE BRACE ★★★★★★★★★☆
11. I BELIEVE [play piano]

 

 

スポンサーリンク



 

 1996年当時、小室哲哉氏のオフィシャル彼女も同然だった トモちゃんこと華原朋美の1stアルバム。

 

 これは言ってみれば「トモちゃん主演のラブロマンス映画のサウンドトラック」って感じですね。恋のお相手はもちろん小室先生。トモちゃんの成長物語でありつつ、二人が出会ってから結ばれるまでのストーリーをイメージしたように構成されているのが特徴的。そのコンセプトはブックレットでも貫徹されていて、小室先生とトモちゃんが抱き合ってるショットが普通にあったりします。当時の小室先生は はだかの王様!ズブトクつよく!って感じの人でしたが、まさにそれを象徴しているようなショットですな。トモちゃんと小室先生が恋仲であることをマスコミにバラされてしまったのを逆手に取ってのことなんでしょうけども、当時 小学生だった私にとっても衝撃的なワンショットでありました。

 

 そして楽曲がいちいち上々。「奇跡の女神もときどき微笑むんだね」「もうすぐ歴史変わるかも」「行き先はあなたに任せたいから」と、トモちゃんと小室先生との運命の出会いを描写した 小室サウンドど真ん中といった感じのアーバンデジタルアップ『Just a real love night』、前曲同様 小室先生との出会いを機に変わっていくトモちゃんの様を描いたデジタルアップ『keep your self alive』、「過去の痛手はもう繰り返したくないから」「20才を過ぎた頃やっと自分を磨き出してる」「信号が全部青!」「毎日がチャンス」と 不遇のアイドル時代を経て成長を遂げていく1995,6年当時のトモちゃんを象徴するようなフレーズが散見されるファンキーなハウスナンバー『Living on…!』と、序盤のアップナンバーはどれもカッコいいし、トモちゃんの成長物語を綴った歌詞ともしっかりリンクしています。

 

 『I BELIEVE [album earth mix]』は、ダンサブルなシングルバージョンとは違い、ZARDの『運命のルーレット廻して』を思わせる雄大な仕上がり。リミックスだのアルバムバージョンだの、小室先生のこういう余計なサービス精神はあんま好きじゃないけど、これに限っては例外で、むしろシングルバージョンよりも好み。 アルバムの流れ的にもこのバージョンが妥当でしょ。

 

 二人きりの夏のバカンスっぽい伸びやかポップス『summer visit』を経て、お次はピアノオンリーのまったりナンバー『MOONLIGHT』。「だいすきだってことだよ はなれたくないのは KISSのあじがおんなじ あなたといちにちいっしょ のんだジュースもしょくじも ぜんぶいっしょだから」といった 漢字を一切用いない歌詞表記はまるで児童向けの絵本を意識しているかのよう。児童向けと言いつつ ここで描写されてるのは惚気まくる二人のベッドシーンってのがまた なんじゃらほいって感じで。お母さまはどんな面持ちでこんな恥ずかしい絵本をお子様に読み聞かせているのでしょうか。

 

 んで『I’m proud [full version]』、これがやっぱり本作のハイライトでしょう。それでいて “華原朋美” そのものを表現したといっても過言ではない楽曲。そんな歌詞と汎小室的アレンジをあしらいつつ壮大に仕立て上げたサウンドと、「声にならなくても~」で特に顕著な突き抜けるほどの美しいハイトーン歌唱とが見事に結実したドラマティックな名曲であります。1996年当時のエステティックTBCのCMでもガンガン流れてましたけど、「いつからか自分を誇れる様になってきたのはきっと あなたに会えた夜から」という “小室先生との出会いを切っ掛けに 誇れる自分に変われた華原朋美” を象徴するフレーズが タイアップ先のイメージや主旨ともバッチリ嵌まってました。

 

 そして、これまた絵本タッチの歌詞表記で綴られた 能天気な空気を醸し出すハッピーエンドナンバー『Somebody loves you』を挟んで、オーケストラルなバラード『LOVE BRACE』で華麗にエンディングを迎えると。終盤で2度も転調しちゃってますからね。やりすぎなまでのドラマティックさ演出ですが、この徹底されたシンデレラストーリー演出こそが本作を名盤たらしめているわけです。

 

 トモちゃんの歌唱がまた良いんですよね。孤独を抱えた少女って感じの陰影さと 運命の出会いを機にスターダムを駆けあがり誇れる自分になれたことで得た輝きを併せもったような歌声に伸びやかな歌いっぷり。売れないアイドルから歌姫へと華麗なる転身を遂げた この経歴に相応しいボーカルじゃないすか。素晴らしい。

 

 とまあこんな感じで、楽曲単位としてもコンセプチュアルなアルバムとしても名盤と呼ぶほかない一枚です。このアルバムを最後に歌手を引退していたら、間違いなく伝説の歌姫になってたでしょうな。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です