アルバム感想『ONE SHOT WONDER』 / KEYTALK

ONE SHOT WONDER
『ONE SHOT WONDER』 / KEYTALK
2013.3.6
★★★★★★☆☆☆☆

01. UNITY ★★★★★★★☆☆☆
02. B型 ★★★★★★☆☆☆☆
03. fiction escape ★★★★★★★★★★
04. 祭りこぞう ★★★★★★★☆☆☆
05. S.H.S.S. ★★★★★★☆☆☆☆
06. ブザービーター ★★★★★★★★★☆
07. 茜色 ★★★★★☆☆☆☆☆
08. Spring Sparkle ★★★★★★★☆☆☆
09. フォーマルハウト ★★★★★★★☆☆☆
10. happy end pop ★★★★★★☆☆☆☆
11. summer tail ★★★★★★★☆☆☆
12. 見上げた空に ★★★★★★☆☆☆☆

 

スポンサーリンク




 

 初のフルアルバムです。

 

 彼らのスタイルが確立された初期2作のミニアルバムの延長というかバージョンアップ的な内容になると思ってたんですけど、ありゃりゃ、なんかフツーのポップソング/ロックナンバーが増えちゃいましたね。

 

 色落ちしまくった90s V-ROCK的な『S.H.S.S.』、普遍的極まりないバラード『茜色』、ハネモノポップス『happy end pop』なんかがまさにそうですね、可もなく不可もなくって感じで。PPPHなんか入れちゃってる「アイドル+いきものがかり」風情の『summer tail』や アーシーなミドルポップ『見上げた空に』なんて完全にJ-POPサイドに振り切っちゃってるじゃないすか。耳当たりこそ悪くないけど、演奏やメロディにおいて彼ら独自の持ち味があまり発揮されてなくて どうも物足りない。直球な疾走ポップロック『Spring Sparkle』『フォーマルハウト』もKEYTALKの独自性があまり発揮されていない楽曲ですが、これはまあまあ好感触。

 

 彼らの定番スタイルであるオサレ気取りのダンサブルアップ『UNITY』は 量産型的な こなれ感があって 他の同系統曲に比べて引っ掛かりがあまりないし、途中で6拍子を組み込んだりUVERworldみたいな中二臭い語りをぶち込んだりした『B型』も その特徴的なギミックだけが目立っている代わりに他のパートがどうもサッパリ。『祭りこぞう』はタイトルに違わぬ祭りっぽいムードは楽しげですけど、演奏に彼らならではのヤンチャな躍動ぶりが足りてなくて こりゃ勿体ない仕上がり。

 

 躍動感たっぷりのカジュアルなダンスロック『fiction escape』が本作のハイライト。尺が短いというより、2コーラスでサクッと終わるあっさりした展開がちょっと物足りないなとは思いますが、ツインボーカルによる歌メロが気持ちよく弾んでいることもあり、抜群の中毒性を有しているので私的には大いにアリ。てゆーか、この曲に限らずですが本作でようやくツインボーカルを活かした連携プレーが導入されました。他の楽曲でも有効活用されているし、この点に関してはいい変化ですね。ちょいカジヒデキ入ったポップロック『ブザービーター』もいいっすね。ノリも歌メロも激しくKEYTALKらしさが出てるし。

 

 大衆ウケを意識した結果こうなったのか、振れ幅を広げようとしてこうなったのか、動機は何であれ ちょっとこの変化は残念。好きな曲もさほど多くないし、あんまり聴かないアルバム。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です