アルバム感想『Beloved One』 / 黒崎真音


『Beloved One』 / 黒崎真音
2019.6.19
★★★★★★★☆☆☆

01. アイヲツナイデ-Angel of the wheel-
02. Gravitation ★★★★★★★★☆☆
03. Brand new,Standing wings ★★★★★★★★☆☆
04. Beginning☆Journey ★★★★★★☆☆☆☆
05. peko peko peach ★★★★★★★☆☆☆
06. decadence-デカダンス- ★★★★★★★☆☆☆
07. A.I.D ★★★★★★★★★☆
08. Renka. ★★★★★★★★☆☆
09. Black bird ★★★★★★★★☆☆
10. 僕だけが世界から消えても ★★★★★★★★☆☆
11. 幻想の輪舞 ★★★★★★★★☆☆
12. New world order ★★★★★★☆☆☆☆
13. ROAR ★★★★★★★★☆☆
14. Beloved One! ★★★★★★★☆☆☆

 

スポンサーリンク



 

 オリジナルとしては約3年半ぶりとなる5thアルバム。

 

 実に手堅い仕上がりです。これまでのアルバム同様、アニソナイズされたデジタルコーティングのロック・ポップスがメインとなっており、1曲1曲の仕上がりもアルバム全体のまとまり具合も非常に洗練されております。

 

 Aメロの加工ボーカルが生半可にインデックスさんっぽい、とある魔術の禁書目録ⅢOP曲であるデジタルアップ『Gravitation』、近未来的なロッキッシュデジタルアップ『Brand new,Standing wings』、もはやエレガらしいと呼ぶほかない 藤間仁(ElementsGarden)提供のシンフォニックアップ『幻想の輪舞』らへんは、真音ちゃん的にもクリエイター側的にも「この手の楽曲はお手の物」といった余裕と仕事きっちりぶりが窺えるし。

 

 

 ただ、どの曲もあまりにすっきり収まっちまってるので、全14曲入りという曲数のボリュームがありながらも 物足りなさをどうしても感じてしまうし、曲によっては歯痒さを覚えるなんてこともあったり。こういう現象、愛内里菜ちゃんのアルバムでも遭遇したことがあるんだよなぁ、『POWER OF WORDS』っていうアルバムなんですけども。楽曲の素質はいいものばっかなのに、サウンドプロダクションに難があったり、不必要なデジタルコーティングが施されてるせいで魅力が十分に発揮されていないという この勿体なき事態。まあ愛内さんのそのアルバムよりはまともというか全然聴くに耐える仕上がりなんですけど、疾走マイナーロック『decadence-デカダンス-』はもっと荒々しさを打ち出したサウンドプロダクションのほうがベターだと思うし、希望の光溢れるアップナンバー『Beloved One!』も雰囲気作りは良いのに音があまりにスマートに整いすぎていて 楽曲の世界観をフルでは表現しきれてない感じだし、そういう惜しいトコが随所で散見されるわけです。

 

 クラブサイドに片足突っ込んだ『Beginning☆Journey』や キュートさ剥き出しの萌え萌えデジポップ『peko peko peach』といったデジタル主体のナンバーは なんか小綺麗にまとまっちゃってる感じで、ぐぬぬぬぬ…。てゆーかこのデジタルアプローチ、古臭いとまでは言わないけど、2012,3年あたりの音触りですよね。これは真音ちゃんのこのアルバムに限った話じゃないし、そもそも闇雲にトレンドを取り込んでけとも言いませんけど、やっぱ声優・アニソン界隈のサウンドは2012,3年あたりで止まっちゃってるものが多い気がするな。どうせバラエティ豊富にやるならイマにまで追いついてくれたほうがより面白くなると思うんですけど。

 

 でも『A.I.D』は別です。すんごいはっちゃけぶり。真音ちゃんのアルバムではお馴染みのグラマラスなハードロックナンバーで、本作の中ではぶっちぎりの重厚さとゴリゴリ感が備わってます。真音ちゃんのボーカルも半ばヤケクソ気味でかなりワイルドだし、間奏手前でのシャウトも至極痛快。ヒロイックな疾走ハードロック『ROAR』も骨があってカッコいい。

 

 あと、アルバム中盤に配置されたバラード2曲もなかなか好感触。過不足ないアレンジで聴かせる退廃的ミドルバラード『Renka.』、なんと約6分半ずっとピアノだけをバックに据えたしっとりバラード『Black bird』、どちらも真音ちゃんの艶やかな歌唱が物語の主人公に息吹きを与えていて いと美し。ブレイブリーなミドルアップ『僕だけが世界から消えても』も、真音ちゃんの刹那的ながらどこか凛とした歌唱が光る佳曲。

 

 

 ということで、真音ちゃんは相変わらず可愛いし、これはこれで好きなんですけども、やっぱ私はゴスいハードロックやメタルを演る真音ちゃんを観たい(聴きたい)んだよ!いつ出してくれるんかな!?こちとらその日が来るのを信じて何年も前から待っとんねん!あたしゃあと何年セリヌンティウス気取っとったらええねん!

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です