アルバム感想『ark』/ L’Arc-en-Ciel


『ark』/ L’Arc-en-Ciel
1999.7.1
★★★★★★★★★★

01. forbidden lover ★★★★★★★★★★
02. HEAVEN’S DRIVE ★★★★★★★★★★
03. Driver’s High ★★★★★★★★★★
04. Cradle ★★★★★★★☆☆☆
05. DIVE TO BLUE ★★★★★★★★★★
06. Larva ★★★★★★★☆☆☆
07. Butterfly’s Sleep ★★★★★★★★★☆
08. Perfect Blue ★★★★★★★★☆☆
09. 真実と幻想と ★★★★★★★★★☆
10. What is love ★★★★★★★★★★
11. Pieces [ark mix] ★★★★★★★☆☆☆

 

スポンサーリンク




 

 前作より約1年4ヵ月ぶりとなるアルバムリリースで、『ray』との2枚同時発売となったオリジナルアルバム。
 収録内容からして、本作がポップサイドで『ray』がハードサイドという見方も出来ますが、楽曲の振り分け基準はポップかハードかではなく、『ark(箱舟)』『ray(光線)』というタイトルのイメージに近い楽曲を選定していったそうな。

 

 ということで、相対的にポップ寄りのラインナップではありますが、ダーク系もハード系もあるし、これまでにはなかった新機軸を打ち出したりもしてるし、全体的にブルーのイメージで統一されていながらも王道も実験も飲み込んだ手広いバリエーションを有したアルバムですね。

 

 『forbidden lover』は前作同様、初っ端からhydeの神の子ぶりがいかんなく発揮されたロミジュリソング。「箱舟」とタイトリングされたアルバムのオープニングが こんな暗い海に浮かぶ難破船や沈没船などを連想させる楽曲なんかでいいんかいって感じですが、マーチング的なスネアドラムによるフェードイン開幕はクールでカッコいいし、徐々に荘厳さとスケール感を増して盛り上げっていく展開もシビれます。

 

 『HEAVEN’S DRIVE』はゴージャスでワイルドな骨太ロックナンバー。ろくろ首も同然な うねりくねりで動き回るベース、いつにもまして重めのリズムで躍動するドラムが終始カッコいいんですけども、私的には二段構えの間奏で天国の如き極楽メロディアスさとボディビルダー的なワイルドさの両面をプレーで音像化したギターが好きすぎてたまらん。

 

 『Driver’s High』は、ライブの定番曲である上に恐らくラルクの全楽曲の中で最も多く演奏されてると思わしき疾走アップナンバー。明るく軽快っていうか、そもそも音そのものが軽いのですが、表面的には熱くポジティブなイメージを打ち出しつつも 実際は愛車との心中を描いている歌詞は 音に反して重いという ある意味らしいっちゃらしいギミックが炸裂しておりば。センチメンタリズムが溢れ出すDメロが好きすぎてたまらん。

 

 『Cradle』はyukihiro作曲のトリップホップ系ナンバー。これが新機軸その1となるわけですが、ラルクっぽいっちゃ っぽいな確かに。冒頭のターンテーブルがいきなり気持ち悪いわ、全体的にホラー染みていてガチでゾッとするわと、なんかいつぞやのACや日本財団のCMを観た時のような感覚に陥るな。印象としては、歌詞を含めて「無」を体現しているような感じがしますね。エクスデスが死に間際に口にした「無とは一体…」に対する答えがこの曲ということなんでしょうか?てゆーか私的にはリミックスバージョンのほうが好みなんですよね。

 

 『DIVE TO BLUE』は澄んだ青空の画しか浮かんでこないポップナンバー。メロディは明るいし、サウンドは開放感があるし、曲だけ聴いてると至極ポジティブな印象を受けること必至ですが、歌詞は「定められた運命を切り裂いて空へと抜け出そう」などとポジティブなイメージを喚起するフレーズを並べる一方で、ジャケ写やMVで演出されているような自殺志願者が飛び降り自殺する直前直後のドキュメンタリー的な内容ともとれるゆえ、なかなか一筋縄ではいかないという。相反するダブルミーニング歌詞の面白さとyukihiroの軽やかなドラミングが光る名曲であります。

 

 『Larva』もまたyukihiro作曲のナンバーですが、こちらはインストです。新機軸その2。ラルク史上初のインスト曲、そして初のテクノナンバー。今改めて聴くと、これがいちばん時代を感じるサウンドだったりするのですが、その時代性を旨味として味わって聴きたいみたいな。

 

 『Butterfly’s Sleep』は耽美かつ悲哀的なストリングスを纏ったロックナンバー。Larva(幼虫)からのバタフライということで、前曲からそのまま繋がる形で楽曲が流れるのですが、テクノアレンジが組み込まれてるなど 前曲からサウンドで何かしら引き継いでる的なことはなく、ほんとにただ単に音が繋がってるだけ。ダークで攻撃的な音を鳴らしてはいるけど、アグレッションはさほど強力なわけではなく。ということで、攻撃力じゃなく歌メロと雰囲気を堪能する系の曲ですね。いい宇多田。

 

 『Perfect Blue』はtetsuが作詞曲を手掛けたナンバーで、なんとハワイアンです。音だけでも「!?」といった感じですが、そこに乗っかる歌詞もまた のほほんとした雰囲気に全くそぐわない辛辣な内容。ヴィジュアル界隈きっての問題児の片鱗が垣間見えますな。これが新機軸その3です。まあこれ以降ハワイアンテイストの楽曲は一切現れてませんけども。

 

 『真実と幻想と』は、蒼白い眩さを放つダークかつ幻想的なミドルロックナンバー。異国情緒を孕んだ幻想性、ひび割れそうな繊細美、ヒンヤリした闇空間…唯一無二のラルク感が思っきし放出されてるじゃないすか。平歌での艶めかしいボーカル、サビでのファルセットが醸し出す雰囲気はまさしくヴィジュアル系と呼ぶほかない逸品。やっぱりアルバムに一曲くらいはこういうのがないと。

 

 『What is love』は、当時TBSの朝方に放送されていた情報番組「エクスプレス」のテーマソングとしてお馴染みだったミドルナンバー。朝方と言いつつ、思っきし夕映えの景色を連想させる楽曲なんですけども、それ以上に問題なのは、平日の朝に番組内で何べんも流れてる曲がまさかの同性愛をテーマにしたナンバーだったという。シングルカットもベスト盤選出もされてなけりゃ特別ライブの定番になってるわけでもない曲ですけど、これは隠れ名曲。メロディがふつくしい。

 

 『Pieces』は、バラードはとりあえずストリングスを仰山盛り込んどきゃいいというtetsuの思想が開けっ広げになった悲壮的バラード曲。間奏のギターソロ凄いっすね。めっちゃピロピロしてるやん。松村邦洋ばりのピロピロぶり。

 

 我々世代的には青春まさかりの一枚であり、当時お調子に乗ってメディアを利用して世間を翻弄しまくってたラルクを象徴するような一枚でもあります。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です