アルバム感想『ray』/ L’Arc-en-Ciel


『ray』/ L’Arc-en-Ciel
1999.7.1
★★★★★★★★★★

01. 死の灰 ★★★★★★★★★★
02. It’s the end ★★★★★★★★★☆
03. HONEY ★★★★★★★★★☆
04. Sell my Soul ★★★★★★★★★★
05. snow drop [ray mix] ★★★★★★★★★★
06. L’heure ★★★★★★★☆☆☆
07. 花葬 ★★★★★★★★★★
08. 浸食 ~lose control~ ★★★★★★★★★★
09. trick ★★★★★★★★★☆
10. いばらの涙 ★★★★★★★★★★
11. the silver shining ★★★★★★★★★☆

 

スポンサーリンク



 

 そしてこちらは、『ark』と同時に発売されたもう一つのオリジナルアルバム。
 『ark』が新機軸を交えたポップ寄りのラインナップであるのに対し、こちらはロックバンドとしての地力を発揮しつつ かねてよりラルクのイメージとして根付いてた耽美性と退廃性を強く打ち出したような一枚になっておりば。

 

 冒頭の『死の灰』は、シンプルながら重厚で骨のある荒廃的なロックナンバー。始終ギターがグイグイ牽引するバンドサウンドのカッコよさも然ることながら、「麻酔とお前があればいい」だの「死の灰か何か?運命の時に救われるか賭けようぜ」だの 一歩間違えれば痛々しくなりかねないフレーズさえもカッコよく聴かせてしまうhydeの歌いっぷりに初っ端から痺れまくり。

 

 続く『It’s the end』は、炎天下の砂漠をバイクで駆け抜けるようなイメージの疾走ロックナンバー。同じ疾走ロックでも、『ark』に収録されている『Driver’s High』とは印象がだいぶ異なり、hydeの妖しげな歌唱も相俟ってクールかつミステリアスな雰囲気が。これまたシンプルでなおかつコンパクトな作りながらサウンド的にもムード的にもバリかっこええ。ライブで披露される頻度はさほど高くはないけど、ゲームのCMタイアップがついていたり、本作リリースにあたって番組で披露される機会が何度かあったりと、アルバムのリード曲的な役割を担っていました。

 

 3枚同時リリースの中の1曲であり ラルク最大のヒット作でもある『HONEY』もまたストレートなロックナンバー。売れ線を意識しただけあってメロディはポップですが、間奏のギターがなかなかノイジーだったり、転がってゆく道でイカれた主人公が死にゆく間際の様子を描写した歌詞がヘヴィだったりと、『DIVE TO BLUE』『Driver’s High』同様、一筋縄ではいかないギミックを忍ばせていたりします。バンドの代表作になるのも納得のカッコいいナンバー。

 

 カッコいいロックナンバー3曲続いたところで『Sell my Soul』から雰囲気がガラッと変わりまして、こちらはジャジーなピアノをフィーチャーしたミドルナンバー。虚無感を喚起するアンサンブル、そしてメロウさが花開くサビで醸成される幻想性に思わず陶酔。ロックテイストを前面に押し出した序盤3曲とはまた違ったバンドの魅力が打ち出された傑作ですな。何気にファン人気が高い。

 

 『snow drop』は本作で唯一の明るめなポップナンバー。『ray(=光線)』というより『Light(=光)』って感じですね。可憐さ、優しさ、温かさを内包しており、可愛らしさを意識したようなサウンドメイキングが施されてるのは、tetsuが少女趣味を臆面なく曝け出したがゆえの結果なんでしょうか。2サビ終わりから間奏にかけて さらに開放感を増し、トーキング・モジュレーターを駆使したギターソロが炸裂するこのくだりがいちばんの聴きどころかも。そして平歌とサビとのキーの高低差がなかなかエグい。さらに言うと、タイアップ先のドラマ『走れ公務員!』とこの曲が驚異的なまでに関係なさすぎ。

 

 『L’heure』はyukihiroが手掛けたインストナンバーで、まったり感と不穏さを兼ねたトラックにフランス語での男女の会話が乗っかったというもの。さほど多くの音を使っていないのにラルクっぽさとyukihiroっぽさがしっかり滲み出ているのが何気に凄い。

 

 3枚同時リリースの中の1曲である『花葬』は、楽曲・MVともにヴィジュアル系っぽさを丸出しにしたミドルナンバー。これは『ray(=光線)』というより『moonlight(=月光)』って感じかな。タイトル通り死を連想させる雰囲気が漂ってますが、血生臭いとか絶望的なドス黒さとかではなく、耽美性や退廃性、妖艶さが死の雰囲気を形成しているあたりがまさにラルク。まるで天に還るような浮遊感を演出したギターとベースがふつくしすぎて、聴いてるこっちが天に召されそう。にしても、2番の「辿り着いた尾張 生まれ変わりの伊丹」とは一体何を意味してるんでしょうか!?桶狭間の戦いで敗れた今川義元が ニューヨーク・ヤンキースの田中将大に生まれ変わったとでも言いたいのか!?

 

 そしてこれまた3枚同時リリースの中の1曲である『浸食 ~lose control~』は、ラルクの全楽曲の中でも難解でトチ狂った変態的ハードロックナンバー。上手いこと言葉に出来ないのがもどかしいのだけど、確かにこれは『ray(=光線)』って感じがする。下水道の画が浮かんでくる ゆっくりとした平歌からダークな雰囲気を醸し出しており、サビでは狂気が爆発したような攻撃的かつ変態的なハードサウンドを轟かせています。変拍子を駆使している上に その拍子自体もコロコロ変わるから余計にわけわかめ。間奏とか えらいことになってますね。明らかに良からぬサムシングが覚醒しちゃってますもん。てゆーか、いくら持ち歌とはいえ、この曲をここまで痛々しさ皆無でカッコよく歌えているのが本当に驚異的。サビなんて常人が歌ったら間違いなく悲惨な結果に終わるでしょ。私的にはこれが本作屈指の名曲。

 

 『trick』はヒリついた音触りを有したインダストリアルなロックナンバー。後のラルクの作品に通ずる重厚かつソリッドなロックサウンドは本作随一のカッコよさを放ってるし、楽曲を引っ張るリフも求心力抜群だし、ライブでも映えそうな「trick!」の掛け合いもいいし、決して飛び道具的な立ち位置に終止しない強力さとスマートさを備えた良作であります。

 

 そしてそして、終盤にしていよいよここからが真のハイライトという感じもする『いばらの涙』は、悲哀を孕んだオリエンタルテイストのドラマティックなミドルロックナンバー。 呪われし運命に翻弄されているかのような詞世界の主人公が憑依したかのようなhydeの歌唱が、深淵なムードや壮絶な物語をより一層 明確に音像化しておりば。燃え盛る火炎が天高く舞い上がるイメージを喚起させる演奏陣の渾然一体となったプレーも圧巻の名演っすね。本作における裏番長的な名曲って感じですな。

 

 ラストの『the silver shining』は、荘厳な雰囲気を纏ったレゲエタッチのミドルバラード。神の子hydeによる ファルセットやローヴォイスを駆使したボーカルワークの美しさたるや。穏やかな余韻を胸に残す逸品であります。

 

 我々的には青春まさかりな一枚ということもあり 思い入れも一入。ですが、そこを抜きにしても、初期ラルクの持ち味と、本作以降 本格的に打ち出されることとなるロックバンドとしての底力の双方が 高い質で以てどちらも押さえられてることを考えれば、これこそがL’Arc-en-Cielというバンドの魅力をまとまりよく一枚に凝縮した超傑作なんだなと。ラルクの全オリジナルアルバムの中でも1,2を争うほど気に入ってる作品であります。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です