アルバム感想『MAGIC ATTRACTION』/ 水樹奈々

MAGIC ATTRACTION
『MAGIC ATTRACTION』/ 水樹奈々
2002.11.6
★★★★★★★★☆☆

01. THEME OF MAGIC ATTRACTION(Instrumental)
02. through the night ★★★★★★★★☆☆
03. PROTECTION ★★★★★★★★★☆
04. 二人のMemory ★★★★★★★☆☆☆
05. フリースタイル ★★★★★★★★☆☆
06. STAND ★★★★★★★★★☆
07. deep sea ★★★★★★★★☆☆
08. suddenly ~巡り合えて~ ★★★★★★★★★☆
09. オルゴールとピアノと -holy style- ★★★★★★★★★☆
10. LOVE&HISTORY ★★★★★★☆☆☆☆
11. ジュリエット ★★★★★★★☆☆☆
12. climb up ★★★★★★★★★☆
13. Brilliant Star ★★★★★★★★★★
14. POWER GATE ★★★★★★★★★★
15. あの日夢見た願い ★★★★★★★★★☆

 

スポンサーリンク



 

 前作から僅か1年弱でリリースされた2ndアルバム。

 

 前作で名曲『TRANSMIGRATION』を手掛けた矢吹俊郎氏がサウンドプロデュースを手掛けており、奈々さんにとって適正の高い楽曲が多々用意されていること、その楽曲の質が向上したこと、そしてサウンドプロダクションが改善されたこともあって、前作で感じられた試行錯誤感は解消され、チープさもやや薄れてきました。

 

 んでラインナップとして、久宝留理子や谷村有美などの90sガールポップを想起させる楽曲や80s歌謡アイドルポップスが多く詰め込まれてるのが特徴的。
 ある意味凄いです。2002年リリースにもかかわらず鳴っている音がどれもこれも1980年代~1990年代初期のものばっかって時代錯誤も甚だしいし、その点だけクローズアップするとむしろ前作よりも悪化しちまってるやん!って話ですよ。ゆえに、その手の楽曲に苦手意識がある人にとっちゃキツいもんがありますけど、アーリー90s J-POPを好んでいるのならむしろ聴きごたえ抜群。

 

 タイトル通りアトラクションをイメージさせるデジタリーなインスト『THEME OF MAGIC ATTRACTION』、そして実質的なオープニング曲である『through the night』からして前作とは音触りが別物。サウンドプロダクションの淀みやぼやけが見事に解消されています。後者はスペーシーなダンスナンバーなのですが、近未来感はなく、むしろこの曲からすでにアーリー90sムードが放たれてます。打ち込み、スクラッチ、チカチカするシンセ、いちいち連打されるヒット音とアーリー90s要素がぎっしり詰まっているし、「ジャ-ジャッ!ジャ-ジャッ!」なるヒット音に合わせて「どんなに!甘いっ!」だの「もちろん!ひとつ!」だの歌うのがなんともダサいし、初期水樹奈々の本格的な幕開けソングにして、初期ならではの特徴的な成分を多々含有しておりば。

 

 続く『PROTECTION』は前曲以上に初期水樹奈々を象徴する一曲で、アーリー90s感を振り撒くキーボードサウンドが終始やかましく鳴り響くロッキッシュなアップナンバー。全体的には90sガールポップな雰囲気ですが、Aメロだけクローズアップするとむしろ全盛期のビーイング。もっと言っちゃうとREVみたいな感じがして、前曲以上に時代錯誤感がどぎついっす。でも奈々さんのボーカルめっちゃ嵌まってるのよね。前作でほとんど発揮されなかったパワフルさや演歌経由のビブラートが炸裂しちゃってます。

 

 ちなみにこちらは矢吹俊郎氏が提供した楽曲なのですが、矢吹ソングは ほぼ決まってギターがしゃしゃり出てます。それによって音の厚みやパワフルさが出ているわけですが、同時にくどいなとも思っちゃいます。この曲に関してはキーボードもガンガン鳴りっ放しなので、全体的に脂ギッシュで高カロリー。下世話な打ち込みがダンサブルに跳ねる『suddenly ~巡り合えて~』も同系統のナンバーで、こちらもまるでファーストフードのようです。あまりカラダには良くなさそうだけど、美味しいからみんな食べちゃうんだよね、っていう、矢吹ソングとは結局のところ そういうもんなのであります。

 

 本作で特に好きなのが『Brilliant Star』。暗闇の中に差し込んだ一条の光のようなミドルバラードで、冒頭からゴスいオーラを放射しまくってます。ゆっくりと光が舞い上がっていくようなサビの美しさに恍惚。数多ある初期ナンバーの中でも屈指の名曲でしょう。

 

 ほんで、これまた矢吹氏が手掛けた『POWER GATE』も凄く良い。コール発動要素を忍ばせたAメロ、PPPHを促進させるBメロ、ラスサビの「Fu~♪」と後奏のコーラス、相変わらずのギターのしゃしゃりっぷり、終始貫かれたハイテンションなガールポップ感とライブ映え要素が満載。シングルリリース時は大したヒットにはならなかったものの、今やライブの定番曲、全ナナソンで1,2を争うほどの人気曲、そして声優事務所・シグマセブンの社歌にまで成り上がってしまったという、個人的な好みを抜きにしても水樹奈々を語る上では絶対に外してはならない楽曲なのであります。

 

 またしても矢吹氏が手掛けた もろ90sガールポップなミドルポップス『STAND』『climb up』、明るくも切ないキラメキを放った『二人のMemory』、躍動感溢れる活発系の『フリースタイル』、水樹奈々名義では珍しくブリブリな歌唱で魅せる『ジュリエット』といったアイドルポップス群、陰鬱系ミドルバラード『deep sea』、ピアノと申し訳程度のストリングスをバックにしたシンプルなスタイルで奈々さんの情感豊かな歌唱を聴かせるバラード『オルゴールとピアノと -holy style-』、「わたし」の過去・現在・未来を俯瞰して心象描写された歌詞が丁寧に歌いあげる歌唱と相俟って沁みるしっとり穏やかなスローバラード『あの日夢見た願い』などその他の楽曲も佳曲揃い。ヒロイックなポップロック『LOVE&HISTORY』はアレンジとサウンドプロダクションが前作のスタイルを引き摺っていて、これはイマイチ。他に比べてどうも安っぽいんだよなあ。

 

 曲数が多く、なおかつ高カロリーな矢吹ソングの割合も高めなアルバムですが、序盤で力強い系やバリバリアイドル感を打ち出し、中盤でミドル/バラードをじっくり聴かせ、そして終盤に向けて胸キュンものもアップもバラードも色々と畳みかけるという流れや配置が上手いこと組まれているおかげで最後まで通しで聴けます。2ndにしてアルバム1枚にフルボリュームで多数の楽曲を詰め込むてんこ盛りスタイルはこの作品で早くも確立されてしまったわけですな。ライブで披露される率が高い曲を多々押さえているので、ライブに参戦する際には是非とも聴いておきたいアルバム。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です