アルバム感想『ベスト!モーニング娘。2』/ モーニング娘。

ベスト! モーニング娘。 2
『ベスト!モーニング娘。2』/ モーニング娘。
2004.3.31
★★★★★★★☆☆☆

01. Go Girl~恋のヴィクトリー~ ★★★★★★★★☆☆
02. Do it! Now ★★★★★★★★★★
03. ここにいるぜぇ! ★★★★★☆☆☆☆☆
04. 愛あらばIT’S ALL RIGHT ★★★★★★★☆☆☆
05. ザ☆ピ~ス! ★★★★★★★★☆☆
06. Mr.Moonlight~愛のビッグバンド~ ★★★★★★☆☆☆☆
07. シャボン玉 ★★★★★★★★☆☆
08. そうだ!We’re ALIVE ★★★★★★☆☆☆☆
09. AS FOR ONE DAY ★★★★★☆☆☆☆☆
10. モーニング娘。のひょっこりひょうたん島 ★★★★★☆☆☆☆☆
11. でっかい宇宙に愛がある ★★★★★★☆☆☆☆
12. YAH!愛したい! ★★★★★★★★★★

 

スポンサーリンク



 

 ベスト盤第2弾なんですが、『No.5』に続き こちらも最近になってようやく聴いたアルバム。ラストに収録されてるまっさらな新曲以外は全てリアルタイムで聴いていて どれもちゃんと覚えてはいたんですけど、今改めて聴いても苦手意識の強い楽曲のほうが多いっすね。当時より印象が上方修正された曲っつったら、『Go Girl~恋のヴィクトリー~』『Do it! Now』『シャボン玉』くらいかなあ。

 

 『シャボン玉』は何遍聴いても衝撃的ですよね。古臭いアイドル歌謡+オルタナ+しょーもない寸劇、そしてそれを崖っぷちオーラでコーティングしているっていう。べらんめえ寸前の気張った歌唱然り 道重ちゃんの絶叫然り 梨華ちゃんのダメンズウォーカーな台詞(中でも「電源切ってよ」の絶妙に外したアクセントがスゴ)然り、国民的アイドルの座から陥落してしまったがゆえにネジが外れてしまったというか、なんかその壊れっぷりが凄まじくて今頃になって惹き込まれてしまったって感じなんでございます。

 ちなみに、ミキティがモー娘に加入したのもこの曲から。なんというか、ベジータが閻魔大王の苦肉の策であの世から現世に送られたみたいな感じがするんですよね、ミキティ加入って。フュージョンできそうな子がいればそれでも良かったんですけど、いませんでしたからね。この時点でもうゴマキ卒業しちゃってたし。ヨッスィー背が高すぎるし。梨華ちゃん歌下手だし。

 

 当時のまっさらな新曲である『YAH!愛したい!』はファンキーなダンスナンバー。これ初めて聴きましたけど、スゲーいい曲じゃん!何故シングルとして切らんのかと。チープさはありつつも着地はカッコよくキマっていて。『No.5』って一体何だったの?ってくらいに曲の出来に差がありすぎ。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です