アルバム感想『The Best! ~Updated モーニング娘。~』/ モーニング娘。

The Best! ~Updated モーニング娘。~(初回生産限定盤)(DVD付)
『The Best! ~Updated モーニング娘。~』/ モーニング娘。
2013.9.25
★★★★★★★☆☆☆

01. LOVEマシーン(updated) ★★★★★★★☆☆☆
02. I WISH(updated) ★★★★★☆☆☆☆☆
03. 恋愛レボリューション21(updated) ★★★★★★★★☆☆
04. ザ☆ピ~ス!(updated) ★★★★★★★★☆☆
05. そうだ!We’re ALIVE(updated) ★★★★★★★☆☆☆
06. THE マンパワー!!!(updated) ★★★★★★☆☆☆☆
07. 歩いてる(updated) ★★★★★★★★☆☆
08. 恋愛ハンター(updated) ★★★★★★★☆☆☆
09. One・Two・Three(updated) ★★★★★★★☆☆☆
10. ワクテカ Take a chance(updated) ★★★★★★☆☆☆☆
11. Help me!!(updated) ★★★★★★★★★☆
12. ブレインストーミング(updated) ★★★★★★★★☆☆
13. 君さえ居れば何も要らない(updated) ★★★★★★★☆☆☆
14. わがまま 気のまま 愛のジョーク ★★★★★★★★★☆
15. ウルフボーイ ★★★★★★★★☆☆

 

スポンサーリンク



 

 15周年を口実にしたベスト盤ならタダでもスルーしてましたけど、リメイク盤だったら取り敢えず聴いてみようかなと思いまして。ラベルにも記載されてる通り、全編に渡ってEDMアレンジが施されてます。「EDMって要するにK-POPのことでしょ?」とか思っちゃってる人が聴いたら、「モー娘が韓流に染まっちまった!」と嘆くこと必至の仕上がり。私的には昨年リリースされた『⑬カラフルキャラクター』みたくダンスサウンドを主軸とした様々なアレンジで魅せてほしかったと思ってたんでちょっと残念ではあるんですけど、アルバム全体のトータリティを考えれば きちんと統一性を有しているので その点は良かったなと。

 

 現在のEDM路線に辿り着く直前までを過去作とするなら、本作の1曲目~7曲目までがそれにあたりまして、前述通り全てEDMサウンドで再構築されてます。『LOVEマシーン』とか『そうだ!We’re ALIVE』といった未だに苦手意識が拭えない楽曲に関しては特に期待していたというか 「上手いことやってくれ」とEDMアレンジに賭けているトコがあったんですけど、見事にやってくれたと思いますよ。大味でダサダサな装飾が取っ払われ、賑やかさを削ぐことなくスマートでカッコよさげに仕上がってます(まあこのEDMサウンドも安っぽい音ですけど)。原曲よりも断然好み。

 

 元々好みの部類に入っている『ザ☆ピ~ス!』はダブステップアレンジが取り込まれた仕上がりで、こちらも原曲とはまた別モノとしてお気に入りなテイク。逆に『I WISH』は原曲にあったサビや間奏における高揚感が削がれてしまったのでちょっと不満。

 

 nine cubes系怪曲『THE マンパワー!!!』は、いくら安っぽくて気持ち悪いアレンジを取っ払おうとも、「マンパワーがものごっつい~♪」だの何だのと 根っこの時点で既にトチ狂ってるんで改善のしようがないというか、いっそのこと倖田來未の『ピンクスパイダー』みたく大胆にスクラップ&リビルドしちまったほうがまだ良かったかもしれないっすね。まあでも精一杯のアップデートは果たせたと思いますよ。少なくとも原曲よりはマシになったんで。

 

 道重ちゃんソロのボーカルで再録された『歩いてる』は、本作収録ナンバーの中でもベストofベストなテイク。道重ちゃんのオートチューンド・ボーカルがラブリーすぎて超萌え萌え。EDMというよりボカロっぽいチープなデジタルアレンジも楽曲や道重ちゃんボーカルにフィットしていて好印象。これは原曲以上に気に入ってるテイクですね。

 

 ということで、8曲目以降は直近のEDM路線の楽曲で、割り振りを一新して再録されたらしいボーカルを含めて私的にはあまり大きな変化を感じませんでした。けど、楽曲自体はやっぱり良いです。ただ『ワクテカ Take a chance』は別に悪い曲じゃないけど、前後の楽曲と比べるとどうもパッとしないっつーか。あと、わたしは別にガキさんファンってわけじゃないんで、『恋愛ハンター』のボーカル再録テイクを聴いても 物足りなさや違和感を覚えることも憤慨したりすることも全然なかったし、むしろダブステップが原曲より強めに効いてるんで、updated版のほうが好み。

 

 ユーモアとホラーな味付けが効いたEDM『Help me!!』も良い感じだし、現時点での最新シングル曲『わがまま 気のまま 愛のジョーク』は、前作『ブレインストーミング』以上にアグレッシブなサウンドと 趙三大天李牧もビックリの士気高きボーカルが圧巻モノで、またしてもEDM路線におけるベストを更新したかといった感じが。

 

 まっさらな新曲『ウルフボーイ』は、過去のベスト盤オンリーの収録曲(『Say Yeah!-もっとミラクルナイト-』『YAH!愛したい』)同様、質的にシングル曲に引けを取らない 野性味溢れるイカした一曲。これもいいです。

 

 予想以上に面白い一枚でした。が、引き続きEDM路線を直走るにしても多少なりとも路線変更するにしてもまだまだこれからが楽しみだなと思いつつ、道重ちゃんが卒業しちゃったら、やっぱりモー娘に対する興味は薄れちゃうかもなあと、『歩いてる(updated)』や直近ナンバーのMVを観聴きして思ってしまった。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です