アルバム感想『PAIN KILLER』 / moumoon

PAIN KILLER (CD+ Blu-ray)
『PAIN KILLER』 / moumoon
2013.1.30
★★★★★★★★★☆

01. DREAMER DREAMER(PAIN KILLER ver.) ★★★★★★★★☆☆
02. バニタス ★★★★★★★☆☆☆
03. Help Me ★★★★★★★★★☆
04. PAIN ★★★★★★★★☆☆
05. 儚火 ★★★★★★★★★☆
06. 緑の道 ★★★★★★★★★☆
07. うつくしい人 ★★★★★★★★☆☆
08. アニベルセル ★★★★★★★★★☆
09. 「Love is Everywhere」 ★★★★★★★★☆☆
10. ネバイナフ ★★★★★★★☆☆☆
11. どこへも行かないよ ★★★★★★★★★★
(※CD ONLY盤のみ収録)
12. Flowers (15ips Acoustic ver.) ★★★★★★★☆☆☆

 

スポンサーリンク



 

 4枚目のフルアルバムです。昨年リリースされたシングル・アルバムがどれも凄くお気に入りだったのと、ココ最近のmoumoonの楽曲は「なんでもアリ感」により拍車が掛かってる感じがしたので、前作『No Night Land』以上にエンタメ性に富んだ内容になるのか、それとも全く異なる方向へ向かうのか 楽しみで仕方なかったんですけど、今回は後者でしたね。ものっそくザックリ言っちゃうと、今回はミドル/スローの楽曲が多め。それでいて、YUKAさんの歌がいつも以上に高い魔力(?)を帯びているのが特徴です。

 

 以前にも書いたことがありますけど、わたしは普段から歌詞に重点を置いて音楽を聴いてるわけではないんですよね。わざわざ目を血走らせて歌詞カードを読んだり、耳かっぽじって必死に言葉を拾いに行かなくても ちゃんと届くのが自分にとって本当に響く歌詞だと思ってるので…っていうのは理由としては後付けに過ぎないんですけど。YUKAさんの歌はまさしくそういう歌なんですよね。言葉が単なるリズム/語感依存に終止せず、何となしに聴いても ちゃんと意味と温度が兼備されて伝わってくるというか。

 

 『PAIN』なんて特にそうです。YUKAさんの柔らかで優しい歌ゆえに言葉が胸に沁みてくるし、アレンジも単なる歌のおまけでも邪魔でもない過不足なき塩梅で YUKAさんの歌をバックアップしていてさらに良いです。『バニタス』『うつくしい人』も同様に、「歌唱×歌詞×アレンジ」が心の襞に触れる涙モノの曲だし、『どこへも行かないよ』はそっと寄り添ってくれているかのようなYUKAさんの歌が 静かで温かい楽曲の雰囲気と相俟って 胸がきゅーんとなります。いったい何度目だ、moumoonの曲で胸がきゅーんとなったのは。

 

 そして、シングルにもなった『儚火』。YUKAさんの柔らかでエモーショナルな歌唱と情緒的かつムーディーなオケがとってもロマンティックで思わずうっとり。そして泣けます。いったい何度目だ、この曲聴いて涙したのは。

 『ネバイナフ』はコズミックなスケール感と浮遊感を有したオケが凄くお気に入り。ディストーションギターの鳴り、段々と気分を高揚させる曲展開、YUKAさんの凛とした歌唱がとても熱い曲です。

 

 その他、どきゅーんずきゅーん胸打つトキメキいっぱいのキラキラハウス『アニベルセル』、ばくーんどくーん高鳴るエレポップ『DREAMER DREAMER』『「Love is Everywhere」』、本作におけるカウンター的役割を担っている YUKAさん自作のお茶目なギターロック『Help Me』、穏やかで軽やかなミドルポップ『緑の道』も漏れなく良い曲。早い話が全曲好きってことですね。

 

 全体の印象としては、心に安らぎを齎すアルバムでもあり、心が段々 素直になっていくアルバムでもあり、という感じですね。「PAIN KILLER(=”痛み止め、鎮痛剤”)」というタイトルに偽りナシ。どころか、想像していた以上に効果覿面でした。痛い辛い思いはサヨナラと決めた!って感じで。数あるmoumoonの作品の中でもこれがいちばん好きです。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA