NANA MIZUKI LIVE GRACE 2013-OPUSⅡ- 1/19, 1/20 ライブレポ

NANA MIZUKI LIVE GRACE 2013 -OPUSⅡ-

-SET LIST-

1.残光のガイア
2.SCARLET KNIGHT
3.ジュリエット
4.リプレイマシン-custom-
5.理想論
6.Lovely fruit
7.星屑シンフォニー
(DISCOTHEQUE)
8.アヴァロンの王冠
9.午前0時のBaby Doll -Acoustic- (1/19)
9.「好き!」 -Acoustic- (1/20)
10.二人のMemory -Acoustic- (1/19)
10.deep sea -Acoustic- (1/20)
11.ダーリンプラスティック -Acoustic-
12.TRANSMIGRATION
13.BRAVE PHOENIX
14.Pray
15.奇跡のメロディア
16.恋の抑止力
17.BRIGHT STREAM

-ENCORE-

18.innocent starter
19.Orchestral Fantasia  (1/19)
19.ETERNAL BLAZE (1/20)

-DOUBLE ENCORE-

20.約束  (1/19)
20.夢の続き (1/20)

 

約1年ぶりに奈々さんのライブに参戦してきました!

スポンサーリンク




・ 開演約2時間前の16時半にさいたま新都心駅に到着、コクーンだとか いってみヨーカドーだとか意味も無くうろつき、グッズ売り場で並ぶことなくパンフだけ購入して、我W1ゲートより入場。そうです、わたしの席はアリーナ席だったのです。といってもDブロックだったので正直あまり良い席ではなかったんすけどね。前に居る奴がどいつもこいつもデカくて、まともにステージは観らんねーわモニターもよく観えねーわって感じだったもんで。

・ 今回のセトリにはめちゃくちゃ驚かされた…って毎回それ言ってるような気がするけど。一曲目に『残光のガイア』ってのがまず予想外だったし。ここは絶対『アヴァロンの王冠』が来ると思ってたのに…見事に騙されてしまった…。
 それ以降もジュリエット/リプレマ/理想論/ラブフル/虎舞と、「え、フルオケでそれやんの?」的な選曲がちょいちょいあったし、絶対やると思ってたエタブレ/ジャスビリ/アスゲ/スパジェネ/シンアイ/メトロバあたりが全て外されてたのも意外だった。ニューアルバムからの選曲もあまりなかったことにもビックリ。『そよ風に吹かれて…』と『真冬の観覧車』は一体いつになったら陽の目を見るんでしょうかねえ。

 てかオケファン以外全て「LIVE GRACE無印」で着手していない楽曲なんですよね。ほんとに「LIVE GRACE無印」の続編とも言うべき内容。中堅古参にとっては歓喜モノでも、新規ライブ参戦者にはかなり「!?!?」なラインナップじゃないのか?入念な予習をしていないと、楽曲もライブならではのお約束事もサッパリ意味不わけわかめって感じで。そういや前回イノスタとプレイは未プレイだったんすね。それもまた意外な。

・ライブ開始直前の 幼女の「まだですかー」にワラタ。

・ライブ開始直前、モニターに映された「奈々さん準備OKです」にワラタ。なんか演出っぽくも見えたけど、ありゃ単なるミスだなきっと。

・ラブフルでのノリがあまりにもあんまりすぎる!ダメだな「おれたち」。てかあの曲がチュルパヤの後継者とか絶対無理だと思うんですけど。曲の系統としてはそれに該当しても、あのリズム・テンポに乗っかるなんて「おれたち」のスキルではとても…。
 あとジュリエットのノリもイマイチでしたねぇ。合いの手とか知らないのはもう仕方ないと思うけど、やる側も思い切りに欠けてるというか。まあわたしが偉そうに言えるアレではないんですけど。

・イヤモニトラブルなのか、『ダーリンプラスティック』で歌とリズムがズレるというハプニングが。多分ライブ終了後にみっしーPからダメ出し喰らったんだろうな奈々さん。しかし、その状況からすぐさま持ち直すとは流石っすなチェリボ。

・トラブルらしいトラブルと言ったらダープラと「奈々さん準備OK」くらいなんですけど、トータル的には不完全燃焼って感じのライブでしたね。わたしだけじゃなく周りもいつもと比べて乗り切れてなかった感がちょいちょいあったし、途中から加わった77人のコーラス隊のパフォがあまり活かされてなかったような気もしたので。あとはエタブレもパワゲも不在だった、というのも大きいかな。そんな中でも気に入った曲といったら、リプレマ理想論ふたメモPrayメロディアかな。あーでもムッシュ×門Dによる約束も捨てがたいな。

・炎の指揮者・藤野浩一氏のMCが2年前以上にキレッキレすぎて最高。今日のハイライトは間違いなくココでしょう。でも「北朝鮮」発言は流石にマズくね?wwwwwものっそくウケ良かったけど、映像化はほぼ絶望的っすね。
 奈々さんのMCも良かったっすよ。チェリボとの絡みも含めて。堂本くんネタはやっぱり映像化コードに引っ掛かりそうな気もしたけど、そもそも1日目は最初から映像化する予定はなかったとか?

—————————————-

1日目終了→バイト先へ直行→明朝まで仕事→帰宅→ずろずろ&みなみけ鑑賞→ライブ初日のレポ作成→3時間睡眠→身支度→レッツゴーさいたま新都心→16時10分到着→開演まで時間がないのに たまアリ近辺をうろちょろと→W1ゲートより入場→アリーナA2枠

・ということで、2日目も参戦しました。しかもアリーナA2枠という1日目よりも断然良い席で。わかりやすく言うと、前から4列目の下手側の席で見ることができましたということです。

・結論から言っちゃいますと、今日は完全燃焼しました!観客も演者も初日のやっちまった感を挽回すべく奮起したのか、初日よりもずっと音もノリも良かったし、ダープラのリベンジも見事に果たしてました。77人コーラスが楽曲の中でより活かされていたように感じたし(特に虎舞とブレフェニ)、初日よりも席がステージに近くなったことで、初日には見えなかったステージ上でのアレコレがいろいろと見えたのも大きかったかな。ラブフルの時、管弦楽団の方々はみんなハンドクラップしてたのね。そして何より、奈々さんを何度か間近で見ることが出来たってのがな。『TRANSMIGRATION』時の奈々さんとか 激しくエロカッコ可愛すぎて悶絶モンでしたぞ!なんだあの罪深き太ももは。

・二日目のベストトラックは終盤の2曲ですね。どんなにヒットを量産しようとも、奈々さんの代名詞はやはりエタブレだったのだ、ということを裏付けるかのようなこの異様なまでの盛り上がり。今まで何度も奈々さんのライブに参戦してきましたけど、この時の発狂ぶりはかつてないほどに凄まじかったっすよ。一日おあずけ喰らった程度でここまでフラストレーションが溜まっちまうものなんでしょうか。かくいうわたしも一年以上おあずけ喰らってたんで分からなくはないんですけどね。とにかく凄かったです。オケがどうこうというよりオーディエンスのテンションが。

・もう一曲は奈々さん作曲ナンバーの『夢の続き』。こちらはアルパ弾き語りアレンジだったんですけど、演奏したのは盟友・上松美香さんではなく、奈々さん本人!!これはビッグサプライズでしたね。なんか娘を見守るような思いでステージを観てましたけど、やっばいねアレは。東京ドーム公演発表の時以上に泣いてしまったわ。間奏でトチって「あっ…」って言ったトコだけは萌え萌えしてしまったけどな。

・2日目のライブ開始直前、モニターに「奈々さん準備OKです」なる文字現れず。やっぱり単なるミスだったかアレは。

・藤野氏 今日も舌好調!北朝鮮発言こそ控えたものの、787乗って自分が燃料漏れしそうなどと映像化コードスレスレの発言をまたしても。奈々さんの紅白裏話わらた。みっしーPお気の毒に。

・今回のお知らせ。1/20公演、春頃にBD&DVD化。この日の公演見逃した人は、これを買って 奈々さんのアルパ弾き語りを観て泣け。そして「あっ…」の件で萌え尽きろ。あと、7/7(愛媛武道館)からライブツアーが始まるんだとか。めちゃくちゃ嬉しいお知らせですけど、半年以上先の話じゃねーか!次のライブまでちゃんと生きてられるかなあ。去年の千葉マリンライブの時は半分死んでたようなもんだし。

 

 

 

↑これら全て1日目のたまアリの様子。

北与野駅付近にて 何故かこんなトコに靴が。

翌日撮影。やはり靴は置きっぱのまま。

これ2日目。開演10分くらい前にTSUTAYAに入ったんですけど、さすがは新都心っすな!わたしんトコの近所のTSUTAYAとは規模や品揃えが違いすぎる!セルフレジとかいうシステム(?)がありましたけど、なんなんだありゃ。意味が分からん。あと、コミックレンタルのほうも見たんですけど、黒子のバスケとちはやふるの新刊が全てレンタルされてました。どうでもいいかそんな話。

1/20 開演5分前(16:25)の慌しい様子。これ撮ったあと、わたしも慌てて会場入りしました。

1/19 グッズ売り場にて。実際に奈々さんが弾いたのはアルパでしたけどね。いやしかし ふつくしいです。33歳の誕生日おめでとうございます!

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です