アルバム感想『「EN.」』 / Novelbright


『「EN.」』 / Novelbright
2019.9.4
★★★★★★☆☆☆☆

01. Revive ★★★★★☆☆☆☆☆
02. the Eternal oath ★★★★★☆☆☆☆☆
03. ふたつの影 ★★★★☆☆☆☆☆☆
04. フォーリン・ヴィーナス ★★★★★★★☆☆☆
05. parade -Я-
06. Rain Dancer ★★★★★★★★☆☆
07. Heart voice ★★★★★★★★☆☆
08. 拝啓、親愛なる君へ ★★★★★★★★☆☆

 

スポンサーリンク



 

 

 こちらは、SNSでバズった後にリリースされた全国流通のミニアルバム第2弾で、タイトルは「アンピリオド」と読みます。

 

 今回もキラーチューンを連発してます…と言っても、カラオケユーザー殺しという意味でですけど。要するに今回も曲毎に頻度の差はあれど 喉にキまくるハイトーンが飛び出す曲が多めってことでして、前作から変わったことと言ったら、ピアノやストリングスの出番が増えたことですかね。個人的にはそれがなかなかの曲者で、正直な話 1曲目からげんなりさせられました。

 

 その1曲目である『Revive』は前作でも何曲か登場したポップな疾走ロックナンバー、ですが、前作の旨味の要因だったアニソン感は漂白されてるし、ピアノやストリングスがやたら出しゃばるせいで 再生してすぐさま胃もたれが…。や、音の鳴りは綺麗ですよ。綺麗ですけど、ただバンドサウンドと並列で鳴ってるだけって感じで 全然 有効活用されてないやん。GLAYの『BEAUTIFUL DREAMER』みたく楽曲の勢い加担とドラマティックさ演出に寄与できてればその手のアレンジも歓迎ですけど、あいにく次の曲(『the Eternal oath』)でもプラスに作用せず仕舞いだし、バラード曲『ふたつの影』は まったり感が増幅して ぶっちゃけワンコーラス聴くのも辛いっす。この曲は逆にアコギメインのシンプルなアレンジにすれば良かったかもしれませんね。メロディは悪くないし。

 

 チープな電子音を絡めたファンクナンバー『フォーリン・ヴィーナス』は 演奏面で物足りなさがあるけど、これまでにない砕けた歌詞と はっちゃけたノリが本作中で良いアクセントになってるんで前半3曲に比べれば割りと良きかな良きかな。

 

 インスト『parade -Я-』は前後を繋ぐ的コンパクトなインストながら まさかのアイリッシュアレンジで意表を突いてきやがる。ほんで『Rain Dancer』は再び疾走ロックナンバー。ここでもストリングスアレンジを用いてますが、ヒロイックアニメっぽさを打ち出すようなカッコつけな音を鳴らしてるのでこれはアリ。むしろ冒頭2曲でもこういう使い方をしてくれと。「やっぱノーブラはこういうアニメOP曲チックなロックを演るべきだよな」と身勝手なことをぬかしたくなる佳曲であります。

 

 

 

 『Heart voice』は、これまでと大きく趣向が異なる、海外のディーヴァが歌うような雄大な全英詞バラード。セリーヌ・ディオン気取りかと言いたくなるほど ピアノ+ストリングスアレンジで美しさとスケール感を過度に演出してるし、ボーカルも単なるハイトーンじゃなく歌い回しまでもが海外ディーヴァ意識しまくりなので、これは好き嫌いがハッキリ分かれそうな気がするけど、私的には本作でいちばん好きな曲。そりゃこの歌いっぷりからは カラオケユーザーに対して「俺とお前らでは格が違う!」とでも言いたげな感じがなきにしもあらずですけど、歌が上手いのは間違いないし、中途半端に終止しない没入ぶりも良かったし、1曲くらいこういうのがあっても良いじゃないかと。ただ、もうこれ以上はいらん笑。調子こいて第2弾第3弾とか演らなくていいから。

 

 で、ラストの『拝啓、親愛なる君へ』は、「あ~ノーブラっぽいな」って感じがする大団円ポップロック。冒頭2曲と違ってこれは良い感じ。

 

 後半でなんとか巻き返してくれましたけど、前半の小綺麗なピアノ+ストリングスアレンジがどうも好きになれなかったこともあり、アルバムとしては正直イマイチでした。悪いトコばっかりではなかったから次のアルバムを聴いてみてもいいかなとは思った。どうなる次作。

 

スポンサーリンク



 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です