アルバム感想『ピカピカふぁんたじん』/ きゃりーぱみゅぱみゅ

ピカピカふぁんたじん (通常盤)
『ピカピカふぁんたじん』/ きゃりーぱみゅぱみゅ
2014.7.9
★★★★★★★★☆☆

01. ピカピカふぁんたじん
02. きらきらキラー ★★★★★★★★☆☆
03. ゆめのはじまりんりん -album mix- ★★★★★★★☆☆☆
04. もったいないとらんど ★★★★★★★★★☆
05. シリアスひとみ ★★★★★★☆☆☆☆
06. do do pi do ★★★★★★★★☆☆
07. ファミリーパーティー -album mix- ★★★★★★★★☆☆
08. Ring a Bell ★★★★★★★★★☆
09. トーキョーハイウェイ ★★★★★★★★☆☆
10. こいこいこい ★★★★★★★★★☆
11. すんごいオーラ -album mix- ★★★★★★★☆☆☆
12. エクスプローラー ★★★★★★★★☆☆

 

スポンサーリンク




 

 1年ぶりのオリアルです。

 

 これまでの作品同様、楽しいアルバムでした。でもこれまでとはちょっと感じが違いますね。派手さやアミューズメント感こそあれど、ユーモア感・シュールさ・アバンギャル度・ハチャメチャぶりといった要素がだいぶ薄れてます。

 

 ていうか、なんか児童向けのポップソングが増えたな。ポケモンショック一歩手前のチカチカぶりを放つテクノポップ『ファミリーパーティー』とか、「アイスの実」のCMタイアップじゃなく れっきとしたCMソングとして出来上がった感がある『こいこいこい』、リズムというか雰囲気からしてモロにマーチングな ウォーキングテンポのミドルポップ『エクスプローラー』とかまさしくって感じじゃないすか。前作・前々作はクソガキからクソジジイ・クソババアまで楽しめる年齢不問の娯楽性に富んだアルバムだったのに、どうしちゃったんだ一体!?

 

 

 ハイテンポでド派手な四つ打ちアップ『きらきらキラー』、前作の作風を継承しつつ、平歌でカオティックな歌メロを炸裂させた『もったいないとらんど』、capsuleカバー第三弾である AOR風味の四つ打ちアップ『do do pi do』、クリスマス先取りすんの流石に早すぎ的な『Ring a Bell』など、まあなんやかんやで好きな曲は沢山あります。

 

 

 でも いちばんおふざけ感が強い『シリアスひとみ』だけは正直あんまし。「しっしっしっ、しっしっしシリアス♪」なる中毒性抜群のフレーズとか、「パーティーなのーにーぼぼぼぼっちぼーい♪」なる 生気のない真っ平な歌唱とかは好きなんですけど、ハンパにロッキッシュなトラックがどうも苦手。てかギターがうっさい。

 

 篠原ともえみたく上手いこと奇抜モードから脱却できればいいんだけどな、と 好きな曲ばっかで かつ楽しげなラインナップにもかかわらず、ついつい彼女のタレント生命の心配をしてしまう一枚なのでありました。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です