シングル感想『Imitation Rain/D.D.』 / SixTONES vs Snow Man


 

 2020年1月22日にCDデビューを果たしたジャニーズユニット・SixTONESとSnow Manのシングルを聴いてみました。
 彼らのことをろくに知らない身ではありますが、ナマイキにも楽曲の感想なんかを書いてみました。

 

スポンサーリンク



 


『Imitation Rain』 / SixTONES
2020.1.22

 

 取り立てて私が言うまでもなく、皆さん知ってますよね、YOSHIKIが楽曲提供したことで大きな話題となったジャニーズユニット・SixTONES(ストーンズ)のデビュー曲『Imitation Rain』であります。

 

 いい意味で裏切られました。この話題を耳にした時、真っ先にカッツン先輩の『Real Face』を思い浮かべた人も多いかと思います。B’zのタック松本先生が楽曲提供し、スガシカオ先生がカッツンのとっぽいキャラを引き立たせる歌詞を宛がい、SMAPなどの楽曲アレンジでお馴染みのCHOKKAKU先生がハードロックとアイドルポップスとの両立を図ったコーディネートを施したあの名曲ですよ。

 

 それと同じようにSixTONESのこの曲も、「Xのような凶暴性と耽美性を兼ねたHR/HMを 如何にして尖ったアイドルソングとして落とし込むのか」というのを勝手に予測してたんですけども、まさかのバラードですよ!しかもそれをデビュー曲で演っちゃう!

 

 これ間違いなくジャニーズ史における空前絶後のアプローチだよね?KinKi Kidsのデビュー曲『硝子の少年』も歌謡ミドルナンバーではあったけど、バックトラックは なんやかんやでダンサブルだったし歌メロもカラオケ映えする要素がバッチリ完備されてた。一応 演歌扱いだった関ジャニ∞のデビュー曲『浪花いろは節』ですら 老若男女問わずノれるダンサブルなグルーヴがあったし、サビなんて「ハァエンヤコラセ~ノドッコイセ♪」でしたからね。なんじゃらほいと。

 

 …で、このくだりを締めようと思ったら、タッキー&翼という立派な前例がおったあああああぁぁぁぁぁぁっ!!!!!ごめん、この文を書いてる真っ最中にそのこと思い出したわ…全然 空前絶後じゃないやん。

 

 まあそれはそれとして。まずメロディがまんまYOSHIKIすぎる。美しくそして儚げ。それも歌い出し「You said I will be the sky~♪」のくだりで、30年以上前から既に確立されていた天下のYOSHIKI節がさっそく振る舞われてるわけですよ。サビメロもYOSHIKIっぽさ全開ながらも あまり声を張り上げず基本ロートーンで歌うトコはちょっと珍しいかも。Xで言うと『CRUCIFY MY LOVE』がいちばん近いかな、サビメロの動向としては。

 

 ほんでピアノを主体としたアレンジにもYOSHIKIやXを想起させる耽美性が備わってる。かと言って悲しみに耽るようなしっとり感や湿っぽさがあるわけじゃなく、ギターサウンドとダンスビートを絡めて、血まみれでもなお羽ばたこうとする屈強さを演出してるのが良いですな。

 

 決して出しゃばらないエッジの効かせ方といい、高らかに歌い上げないサビでのロートーン歌唱といい、屈強さをこれ見よがしにしないからこそ楽曲が持つ耽美性が引き立つし、内に秘めた想いに仄かなる熱を感じるわけですよ。しかも、壮絶なハイトーンとハスキーさが際立つTOSHIのボーカルとはそもそも歌声の質が異なるから、いくらYOSHIKIっぽい作風であっても Xの模写や劣化コピー化という事態に陥ってない。

 

 転調するラスサビでの「戻れ~ない~♪」のくだり めっちゃ良いっすな。誰が歌ってんのか分からんけど、綺麗な高音だし、切なさと清々しい野心を秘めた声が楽曲にマッチしてる。てか皆しっかり歌えてるやん。なるほど、タッキーがYOSHIKIに楽曲提供の熱烈オファーをしたのも故なきことではないのだなと。

 

 

 トラップの要素を取り込んだビターなダンスナンバー『Telephone』、ファンタジー系アニメを思わせる爽快ヒロイックアップ『NEW WORLD』といったカップリング曲も良かった。『Telephone』めっちゃカッコええやん!てっきりSixTONESって初期カッツンみたく オラついたロックナンバーを演ってんのかと思ってたけど、全然そんな感じではないのかね。あと、やっぱり後者みたいなアイドルポップスも普通に演るんですね。

 


『D.D.』 / Snow Man
2020.1.22

 

 そしてこちらがジャニーズユニット・Snow Manのデビュー曲『D.D.』。上述のSixTONESもそうですけど、ぶっちゃけSnow Manのこと全然知らないっす。ただ、メンバーの一人である阿部亮平くんに関しては、以前に劇団ひとりと佐藤隆太が司会を務めるクイズ番組で300万円を獲得したのを見たことがあって、インテリ野郎にありがちな 気取った感や斜に構えた感のない好青年ぶりが好印象だったなという、熟知と呼ぶにはあまりにも程遠いうっすらとした認知はしてます。

 

 さてこちらの楽曲、2000年代以降のジャニーズ(嵐、TOKIO、V6、Hey!Say!JUMPなど)や数多のJ-POPアーティストへの楽曲提供でお馴染みのHIKARI氏が作曲アレンジを手掛けたダンスナンバー。

 

 サウンドアプローチとしては、これといって耳を惹く斬新さや先見性などはなく、2010年代以降感の音触りを有したサイバーサウンドがスパークしているわけですけど、驚くべきはそのアレンジの洗練のされ様と ボーカルのソツなくキレのある乗りこなし様。要するに、ジャニーズのくせに仕上がりがやたらとスマートなんですよ。それこそ、LDHやK-POP畑のダンスボーカルユニットに見劣りしないほどの純然たるカッコよさをガッチリ完備していて、ジャニーズをジャニーズたらしめる娯楽性、カラオケ映え感、ダサカッコよさ、ってやつが一切含まれていない。タッキーが掲げている世界進出への意気込みが如実に反映されてるというか、メンバー全員がそれにきっちりと応えてる感じがします。

 

 

 リード曲よりもフロアミュージック度が増したチャラいEDMナンバー『Crazy F-R-E-S-H Beat』、爽快アッパーなブラスポップス『Snow World』もなかなか…っていうか私的には『Crazy F-R-E-S-H Beat』が超絶お気にすぎる。なんというか、渋谷109の入り口から爆音で流れてそうな曲ですな。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です