アルバム感想『LOVE&PEACE』/ 少女時代

LOVE & PEACE(初回限定盤)(CD+DVD)
『LOVE&PEACE』/ 少女時代
2013.12.11
★★★★★★★★★☆

01. Gossip Girls ★★★★★★★★☆☆
02. motorcycle ★★★★★★★★★☆
03. FLYERS ★★★★★★★☆☆☆
04. GALAXY SUPERNOVA ★★★★★★★★★☆
05. LOVE&GIRLS ★★★★★★★☆☆☆
06. BEEP BEEP ★★★★★★★☆☆☆
07. My oh My ★★★★★★★★☆☆
08. LIPS ★★★★★★★★★☆
09. DO THE CATWALK ★★★★★★★★★★
10. Karma Butterfly ★★★★★★★★★★
11. リンガ・フランカ ★★★★★★★★☆☆
12. Everyday Love ★★★★★★★★★☆

 

スポンサーリンク



 

 約1年のインターバルを経てリリースされた日本盤3rdアルバムです。

 チアリーディング風情のスウィンギンなポップス『LOVE&GIRLS』がシングルとしてリリースされた時は迷走真っ只中って感じで ちょっと不安だったんですけど、やっぱり彼女たちは期待を裏切りませんね。日本デビュー時から根付いていた「クールビューティー」なイメージを頑なに貫徹しつつ、1st, 2ndとも一味違うサウンドアプローチを織り交ぜて それとはまた違った彼女たちの側面も時折覗かせるという、まあ大まかな筋としては前作とさほど変わりはないんですけど、単なる続編モノや焼き増しにならないあたりはサスガの一言に尽きます。楽曲のカッコよさ・面白さ・素晴らしさも相変わらず高い位置でキープしてくれてますしね。

 

 「ゴ~スィッ、ゴ~スィ~♪」という良からぬ想像を掻き立てるフレーズで幕を開ける『Gossip Girls』からいきなりキテます。性急でエッジの効いた躍動的なサウンドと、それに置いてけぼりにされることなく余裕の表情を見せつつ乗りこなす彼女たちのボーカルが非常にカッコいいです。ワイルドだけどビッチ臭くないというか 下品にならず飽くまでクールにキメているのが本当にお見事で。

 

 それに続く『motorcycle』も 挑発的なボーカルとスパイシーなダンストラックがすこぶるイカしてるし、これ以降も、彼女たちのディスコグラフィー上もっとも陽性オーラが強いアメリカンなロッキッシュアップ『FLYERS』、眩く気高いオーラを放つダンスナンバー『GALAXY SUPERNOVA』、アルバムの流れで聴いたら意外と好印象だった『LOVE&GIRLS』、「ビッ♪ビッ♪ビッ♪ビッ♪ビ↑ッ♪ビ↑ッ♪ビ↑ッ♪ビ↑ッ♪」なるガキの悪ふざけ的な歌唱がとにかく耳に残る キューティーでウェットなアイドルポップス『BEEP BEEP』、パーティーロック風の『My oh My』、甘い陶酔感を齎すレイジーなミドルナンバー『LIPS』、小粋な口笛を交えたスペーシーな四つ打ちダンスポップ『DO THE CATWALK』、「クールビューティー」をフロア仕様で音像化した的な『Karma Butterfly』、瑞々しくピースフルな『リンガ・フランカ』、スケール感豊かなミドルバラード『Everyday Love』と、様々な表情を魅せながら最後まで聴き手を振り回す強力なラインナップで、前作に負けず劣らず今回も非常にグッドです。

 

 特に攻めの楽曲がいいっすね。『motorcycle』『GALAXY SUPERNOVA』『Karma Butterfly』あたりが。可愛らしい楽曲やじっくり聴かせるタイプの楽曲も悪くないけど、凛々しく気品のある彼女たちのボーカルはそういった楽曲でこそ真価を発揮するんだなということを改めて認識。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です