2020年8月 楽曲レビュー #1

◆『OH-EH-OH』 / JO1

◆『Slow dance』 / K

◆『When We Disco (Duet with SUNMI)』 / J.Y.Park

◆『落ちた事のある空』 / DIR EN GREY

◆『だって だって だって』 / NMB48

 

スポンサーリンク



 

 


『OH-EH-OH』 / JO1
2020.8.26

PRODUCE 101 JAPANとかぶっちゃけ何のこっちゃって感じだし、誰がどのパートを歌ってるとかサッパリ分からんし、それ以前にメンバーの名前すらまともに覚えてない有り様ですけども、公式YouTubeでMVを観て 韓国直輸入の扇情系ダンストラックがめっさ良いなと あっさり釣られてもうた今日この頃。ほんで、トラックのカッコよさに依存することなく、ボーカル/ラップもグルーヴを意識しながらイキってる(言い方)のがまた良いな。特にボーカルとラップの境目が薄い平歌(「こっちよりあっち ほら行ける今と違う道」とか)なんかは、ノリにノれないとグズグズになっちゃいますから。当然ながら、イケメン達のダンスありきで音楽はそのオマケとか単なる添え物みたいな事態にはなってないし、音だけ聴いても純粋にカッコ良い。1stは未聴なんで、これからぼちぼち聴いていこかなと。

 

 

 


『Slow dance』 / K
2020.8.26

Kって、「抱きしめてほしい~、っていうか~、抱き~しめ~たい~♪」でお馴染みのあの人のことか?と思ったら、まさしくその人のことでした。改めて思ったけど、なんなんだよ「っていうか」って!シケたバラードで何歌ってんだと。東方神起の「ウザいって逃げるな今度はいい加減にしろ」然り、少女時代の「私の嫌いなパフューム」然り、韓国のアーティストが歌う日本語詞はつくづくシュールで「お前ヤッてんな」と思わされたもんですけど、これはフレーズのインパクトに依存しない優良R&Bじゃないすか。ムードひとつとってもめっちゃ酔えるし、トラックの音触りと主に歌い回しが織り成すグルーヴがイマドキっぽいし、性急なビートが駆け出す意外性も忍ばせていたりするのもユニークで実に良きかな良きかな。そしてこの人の声ほんといいよな。『Only Human』とか「っていうか~」のバラードを聴いてた時も思ってたけど、こういうシャレたR&Bのほうが間違いなく適正高い。

 

 

 


『When We Disco (Duet with SUNMI)』 / J.Y.Park
2020.8.12

TWICEや2PMなどを輩出し、最近ではNizi Projectの総合プロデューサーとしてお馴染みのJ.Y.Park氏と 元Wonder GirlsのSUNMIとのコラボナンバーであります。数年前にT-ARAが演ってたような コッテコテでケバッケバで いかがわしさがムンムンの歌謡ディスコですな。ちょっと90s哀愁ユーロっぽさもあったりするのがまた個人的にかなりツボで、なんつーか、バターとジャムとラー油を贅沢に盛ったトースト食ってるみたいな背徳感と それに抗いきれない絶対的な旨味が。

 

 

 


『落ちた事のある空』 / DIR EN GREY
2020.8.3

演ってることは近年のディルの基本路線とも言える 穴の底が見えないくらい深く重いカオティックハードコアですが、デスボイスよりもクリーンパートのほうが比率が高めだったり、メロディアスさが立っていたり、歌詞が「いつもよりは笑」聴き取り易かったりと、ディルにしてはかなり分かり易い部類に相当するもの。2014年リリースの『ARCHE』に近い感じですね。そういうシンプルなスタイルだからこそ、バンドの凄まじい地力や京のボイスワークの鋭い切れ味が淀みなく発揮されてるわけですよね。これを聴いてギッタギタのメッタメタにヤラれた人はDIR EN GREYの底なし沼に嵌まる素質が十分にあるので、いっそのことこれを機にとっとと堕ちてしまえ。

 

 

 


『だって だって だって』 / NMB48
2020.8.19(CD SINGLE), 2020.5.13(配信, Streaming)

配信ではとっくにリリース済ですが、この度めでたくCDリリースされたことに かこつけて取り上げました。
初期のものでとりわけ顕著ですけど、楽曲におけるNMBの特徴の一つとして、歌詞やアレンジでキワドさとかアバンギャルドさとか ツッコミどころとも言えるフックが仕込まれてることが挙げられるのですが、メンバーの可愛さを直に反映させたようなキラキラしたアイドルポップスが多いのもまた立派なNMBの一面なんですよね。そこにフォーカスをあてて空間いっぱいに拡げたのがまさにこの曲で、視聴覚でここまでダイレクトに可愛さアピールをかましてくるのって ここ最近のアイドル界隈では逆に新鮮かも。
今回のセンターにして現在のNMBのエースでもある山本彩加ちゃん&梅山恋和ちゃん、8/10の「CDTVライブ!ライブ!」におけるAKB次世代選抜で遂にバズった(だが今回は選抜落ちしてる何故!)山本望叶(みかな)ちゃん、新世代グラビアクイーン・横野すみれちゃんなどなど、支配人・金子剛の隠し財宝に留めておくには勿体ない逸材が仰山居るのはとてつもない希望だけど、あまりにも多過ぎてグループ内で渋滞しちゃってんのは それはそれでちょっと問題かも。表舞台に出る機会が少なすぎんのよNMBは。

 

 

 スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です