2021年3月 楽曲レビュー #2

◆『One Last Kiss』 / 宇多田ヒカル

◆『宿命』 / 加藤ミリヤ

◆『HOURGLASS』 / UVERworld

◆『Obsessed』 / Addison Rae

◆『fake radio』 / DADARAY

◆『地球儀 feat. Vaundy』 / Aimer

◆『Like A Rose』/ Do As Infinity

◆『ギラギラ』 / Ado

 

スポンサーリンク




 


『One Last Kiss』 / 宇多田ヒカル

すいません、まだシンエヴァをチェックできてないんですけど、これは曲だけピックアップしても凄く良いです。
荘厳さを有したボーカルと、螺旋を描くようにゆっくり上昇し拡張するエレクトロサウンドが、溢れて止まない想いを携えて胸に迫ってくるこの感じ。
『SAKURAドロップス』もそうだったけど、聴いていてギューッと締め付けられるような痛みを伴っているのに、神秘的な響きゆえに思わず恍惚してしまうんですよね。決してその痛みに快感を覚えてるわけじゃないぞ!
ということで、とりあえずシンエヴァに興味があろうがなかろうがとにかく聴けと。音の魔貫光殺砲に胸をブチ抜かれてしまえと、こう思っとるわけであります。

 

 


『宿命』 / 加藤ミリヤ

宿命とかいうから、チェ・ジウ主演の韓流ドラマばりにドロドロの愛憎劇でも描写してんのか思ったら、スポーツ系のタイアップがついた曲なのね。
にしても演奏やアレンジがやけに豪傑やな。その正体を突き止めてみたら、ほうほう常田俊太郎(King Gnu常田大希の兄貴)がアレンジを手掛けてるんか。
なるほど、ど~りでミレパ(millennium parade)っぽい馥郁たる音色が狂い咲いてるわけだ。まさかの…と言ってはアレだけど、真っ当に良い曲でした。

 

 


『HOURGLASS』 / UVERworld

フューチャーベースの導入は『境界』(アルバム『UNSER』収録)で既に実践済みですが、こっちはスケール感演出を意識して取り込んでる感じがしますな。
いやあ相変わらずバンドサウンドとのミクスチャり方が巧み。スタジアムロック感をより強固なものにしたシンガロングとか、胸アツぶりをさらに助長する終盤のサックスとか、それらも込みで実に手堅い職人技。

カップリングの『Teenage Love』は、ウーバーがたま〜に演るミドルテンポの甘酸っぱいラブソング最新版。
人工甘味料さながらの役割を担う鍵盤やデジタルアレンジ、胸キュンの後押しとグルーヴ感の打ち出しに務めるベースの連携ぶりがまた上手いこと。
TAKUYA∞のスウィートなファルセットにしてもそうだけど、ファンの需要をしっかり把握した上で確信犯的にヤッてやがるな。どっちかと言うとこっちのほうが好きかも。

 

 


『Obsessed』 / Addison Rae

いつぞやのBoAちゃんみがあったので即座に気に入りました。子宮がウズウズするような これ見よがしのエロさじゃなく、いつの間にかウットリしちゃってた的なクール&セクシーなボーカルが クラブ寄りのダンスポップとマッチしていて ジワジワと嵌まってってもうた。

 

 


『fake radio』 / DADARAY

川谷絵音プロデュースの女性ボーカルユニットの新曲ですけど、この人らの曲をまともに聴くのは一体いつぶりやろか。
お手軽なポップスのふりして、リズムワークや言葉選びで明確にグルーヴを意識してるわ、スッキリしたサウンドの中でベースが猛烈に腕をふるってるわで、くっそファンキーすぎる。
なんか冷蔵庫の余りモンだけで作った絶品料理みたいだな。高級感とか特別な味つけとかはないけど、めっちゃくちゃ美味い。

 

 


『地球儀 feat. Vaundy』 / Aimer

Vaundyが楽曲提供&プロデュース、さらにはコラボまでして相性バッチリ、しかもそれがカジュアル寄りのシャレオツポップと、意外性の三重奏を一挙に畳み掛けてきてます。ほんでこれをアルバムの隠し味的な位置に収めず、先行配信という形でオープンにしちゃうのがまた良いっすな。
冒頭から軽やかに鳴るギターサウンドが爽快かつファンキーで、これがいろんな意味で楽曲の味の決め手になってます。
オシャレだけど手軽で、まかり間違っても安っぽさには陥らず、かつ「あれ、意外と嵌まってんじゃん」てな感じで着地させてんのがピンポイントすぎて上手い。
「ディオールだのマックスマーラだの高級ブランドに手を出さずとも、GUだけでも十分オシャレ出来ちゃうんだぜ」みたいな感じ?よくわからんけど。
楽曲はもちろん、MVを含めたアプローチにしてもなかなか面白かったっす。

 

 


『Like A Rose』/ Do As Infinity

いやあ、相変わらずドゥアズは良いですな。昨年 ユニット発足の切っ掛けになったあの男が不祥事なんか起こしたりしましたけど、んなもん へでもねーよと。
強いて言えば、アルバムでいう『NEW WORLD』『GATES OF HEAVEN』に近いテイストですね。元来持ち合わせていたダークさや叙情性に耽美さを加味したロッカバラードで、従来のドゥアズイズムを特に好む私的にはガッツポーズもののナンバーであります。

 

 


『ギラギラ』 / Ado

この曲、厳密には2月解禁のナンバーなんですけど、まあ堅いこと言いっこなしで。
『うっせぇわ』を聴いた時も思ってたけど、この女の人めっちゃ歌上手いな。コクの深み、肝の据わり様、んで時折魅せるドスの効き。これで現役女子高生とか非常に恐れ入るわと。
んでこの曲、ニュージャックスウィングを踏襲したブラックフレイバーのポップスで、なんかyamaさんの『Downtown』を思い出す。てゆーか、この二人の歌声もテイストがかなり近しいものがあるし、楽曲という括りでもボーカリストという括りでも姉妹みたいな感じがするな。
ただ、似てはいるけど、素人耳でも明確に識別は利くので、違いを楽しむとか、それぞれの「ならでは」な特徴を掴むという意味でも聴き比べてみるのも面白いですよ。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA