アルバム感想『MORE & MORE』 / TWICE


『MORE & MORE』 / TWICE
2020.6.1
★★★★★★★★★☆

01. MORE & MORE ★★★★★★★★★☆
02. OXYGEN ★★★★★★★★★☆
03. FIREWORK ★★★★★★★★☆☆
04. MAKE ME GO ★★★★★★★★★☆
05. SHADOW ★★★★★★★★★★
06. DON’T CALL ME AGAIN ★★★★★★★☆☆☆
07. SWEET SUMMER DAY ★★★★★★★★★★

 

スポンサーリンク



 

 

 長期のブランクを経て 2020年初の新作をリリースした重役出勤アイドル()・TWICEの韓国盤9thミニアルバム。不安障害で活動休止していたミナが復帰し、めでたく9人揃った上でのカムバックを果たしました。

 

 まずビジュアル面でいうと、セクシー&ゴージャスだった前作に対し、今回はファンタジックさとトライバル感を兼備した優雅な装い。セクシーさよりもドーリーな可愛らしさを前面に出してるような感じでなかなか好みではあるんですが、すまん未だにモモちゃん以外は誰が誰だかサッパリ()。

 

 そしてサウンドとしては、そういったビジュアルワークのイメージを汲みながら、BTSやBLACKPINKなどが以前から着手していたムーンバートンを数曲で取り込んでいるトコがとりわけ耳を惹くポイント。それでいて、可愛らしさや可憐さなどTWICEならではのフェミニンな魅力がたっぷり含有されている点が他の(特にK-POPフィールドの)ユニットとの相違点。

 

 ちなみに、ムーンバートンとは EDMの派生ジャンルの一つで、「独特のシンコペーション」と「比較的スローなテンポ(BPM108~110あたり)」が大きな特徴。ムーンバートンを取り入れた曲の代表格的存在といったら、みなさんご存知のEd Sheeran『Shape Of You』ですね。

 

 

 

 とりあえず、こういう如何にもEDMっぽいデジタリーな音と ものっそく特徴的なリズム音が鳴ってて、テンポがこれくらい ゆったりめだったら「あ、これムーンバートンじゃね?」って思っといていいと思います。(雑)

 

 リード曲である『MORE & MORE』は、ムーンバートンとトロピカルハウスを混ぜ合わせたナンバー。なんといっても、トロピカルハウス要素が表出したHookが良いっすな。靄が掛かった湖畔のような画が浮かぶファンタジックなトラックに胸がトキメいちゃいます。モモちゃんの鼻声ボーカルも相変わらず萌え萌え。先日の生歌はまあちょっと あまりにアレだったんで、流石にフォローしきれないトコですけども。

 

 

 

 続く『OXYGEN』は2ステップとトロピカルハウスを掛け合わせたナンバーで、前曲の可憐さや透明感をそのまま継承したような感じ。軽やかなトラックとボイスワークが織り成す 今にも消えてしまいそうな儚げな雰囲気がこれまた絶品。

 

 『FIREWORK』はムーンバートンとラテンの掛け合わせ…ってまたミックスすんのかいって感じですけども、これもベタながら(ゆえに)真っ当な佳曲。
 『MAKE ME GO』は 密林のような薄暗さと蒸し暑さを有した妖しげヒップホップで、そんなサウンドに加え 低音ラップでクールな側面をアピール。韓国特有の勇ましさを打ち出した パンチのあるR&B/HIP-HOP『DON’T CALL ME AGAIN』もまたカッコよさアピールの楽曲で、特別熱心なファンではない私的にはこういうTWICEもなかなかイカしてるやんかって感じですけども、ONCEの皆からするとどんな感じに見える(聴こえる)んでしょ?

 

 『SHADOW』はトロピカルハウスで幻想的な音空間を描き出したミドルダンスナンバーで、現時点で本作ばかりかTWICEの全楽曲の中でも断トツでお気にの傑作。心地よいビート感も好きですけど、とにかくミスティーに蔓延した程よく甘く儚げな雰囲気がたまらんのよな。

 

 そしてラスト『SWEET SUMMER DAY』は、待ち焦がれていた夏の訪れに胸が躍るイメージの爽快ニュージャックスウィング。TWICEの明るく弾けた一面が終盤になってようやく登場であります。なんや、日本で未だにちょいちょい演ってるエレポップ系に走らなくても、こうしてTWICE元来の持ち味がしっかり発揮できてるやんか!ここはめちゃくちゃ好感が持てるな。やっぱりTWICEはいくら音楽面でより一層研ぎ澄まされようとも 根底にあるアクティブなキュートさは失っちゃいかんのだよなと改めて思ったまで。

 

 韓国のハントチャートで初動売上33万枚越えというTWICE史上最高の記録を打ち出したらしいですが、個人的にも日韓合わせてこれがいちばん好きなアルバムだな。音楽的な面白さと女子/女性らしい魅力の双方がしっかり詰め込まれてますからね。日本でもこれくらい攻めにかかってほしいですな。

 

スポンサーリンク



 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です