アルバム感想『VAMPS』 / VAMPS


『VAMPS』 / VAMPS
2009.6.10
★★★★★★★★☆☆

01. BITE
02. LOVE ADDICT ★★★★★★★★★☆
03. COSMOS ★★★★★★★★★☆
04. SECRET IN MY HEART ★★★★★★★☆☆☆
05. EVANESCENT ★★★★★★★★☆☆
06. VAMPIRE DEPRESSION ★★★★★★★★★☆
07. REDRUM ★★★★★★★☆☆☆
08. DEEP RED ★★★★★★★★☆☆
09. I GOTTA KICK START NOW ★★★★★★★★★☆
10. TIME GOES BY ★★★★★★★☆☆☆
11. SWEET DREAMS ★★★★★★★☆☆☆
12. HUNTING ★★★★★★★★☆☆
13. SEX BLOOD ROCK N’ ROLL ★★★★★★★★★★

 

スポンサーリンク



 

 HYDEが新規で立ち上げたロックバンド・VAMPSの1stアルバム。

 HYDEの作品(『666』『FAITH』)の制作に携わっていた ギタリスト・K.A.Z(OBLIVION DUST)を正式メンバーとして招いたり、コンセプチュアルなバンド名を掲げてブランド化を図ったりしていますけど、ぶっちゃけ音楽性はソロと大して変わってなくて、相変わらずハードロックまっしぐらって感じ。ただ、割合としてはアメリカンロック的な感触(音だけじゃなく雰囲気も含めて)のナンバーが多く、不健康とか酒池肉林とか そういうイメージが強いのが特徴的 笑。

 

 デビューシングルである『LOVE ADDICT』なんかまさにそれ。酒!煙草!金!女!&ロックンロール!みたいな。それに明け暮れる男達の姿が容易に想像できて、これだけでもう胃がんをもよおしそう笑。

 

 

 ラスト2曲の『HUNTING』『SEX BLOOD ROCK N’ ROLL』もまさしくって感じですよね。ていうか、『LOVE ADDICT』はなんやかんやでサビの歌メロはポップだったけど、こちら2曲はほぼシャウト。ただ単にライブで暴れたいだけ、その一言に尽きる、っていうそんな曲であります。

 

 

 2ndシングル曲『I GOTTA KICK START NOW』も古き良きアメリカンロックンロールって感じですが、こちらは、初めて聴いたロックンロールに魅せられたキッズのような純真無垢さが感じられて、カッコよくもどこかチャーミングな印象。

 

 

 『VAMPIRE DEPRESSION』は、まさにVAMPSというバンド名に相応しい ゴシックテイストのスリリングなヘヴィロックナンバー。冒頭のエッジーなリフから不穏なムードを煽っており、絞り上げるようなボーカル、雪崩れ込むような演奏、ゴシカルに装飾されたアレンジが渾然一体となって緊迫感を打ち出すサビがこれ鳥肌モノ。VAMPSっぽい曲がこれ一つだけとはちょっとズッコケもんですけど、その一曲がこれだけカッコよければ文句はありません。

 

 

 その一方で、イケイケで不健康なムードとは大きく距離を置いたナンバーもあります。

 『TIME GOES BY』は憂いを帯びたポップな疾走ロックナンバー。この手の売れ線ロックナンバーならいくらでも書けると言わんばかりの手堅い仕上がり。ラルクっぽい感じも少なからずありますが、まあラルクではこういう曲やらんでしょ笑。

 『COSMOS』もざっくり言えば同じく哀愁メロディアスな疾走ロックですが、メロの泣き具合やリズム隊が鳴らす音の太さはこっちのほうが断然上ゆえ、これはかなり好きな曲。ガラスの如く繊細なメロディが胸を刺すミドルロックバラード『EVANESCENT』も出色。

 そして、同じバラードでも『SWEET DREAMS』は実に甘ったるくてまったりとしたスローバラードで、なんとなくアメリカンロック演ってるバンドが歌いそうなバラード、って感じはする。

 

 

 その他、耽美性を帯びた疾走ロックナンバー『SECRET IN MY HEART』、ソロ3rd『FAITH』の雰囲気に近いハードロックナンバー『REDRUM』、どぎついムスクの香りを纏ったようなサウンドとHYDEの妖艶なボーカルで聴き手を酔わすアダルティなダンサブルロック『DEEP RED』といった楽曲たちも漏れなく佳曲。

 

 

 顔の割りに英語の発音はちょっとアレですけども、ラルクでは魅せることのない しゃがれた歌唱やシャウトは楽曲に合っててカッコいいし、演奏もソロ名義の作品に引き続き好感触。

 ぶっちゃけ飽きやすい音楽ではありますけども、私的には割と好きな一枚。カッコよさとノリの良さと取っつきやすさ それぞれにしっかり配慮が行き届いたアルバムなんで、ハードロックの入門として聴いてみるのもいいかもしれません。不健康そうで酒池肉林な感じが苦手でなければの話ですけど。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です