ライブDVD感想『柏木由紀 3rd ソロライブ 寝ても覚めてもゆきりんワールド ~もっと夢中にさせちゃうぞっ~』/ 柏木由紀

柏木由紀 3rd ソロライブ 寝ても覚めてもゆきりんワールド ~もっと夢中にさせちゃうぞっ~[DVD]【初回版】
『柏木由紀 3rd ソロライブ 寝ても覚めてもゆきりんワールド ~もっと夢中にさせちゃうぞっ~』/ 柏木由紀
2014.3.19
★★★★★★★★★☆

[DISC 1]
1. Birthday wedding
2. 正義の味方じゃないヒーロー
3. フライングゲット
4. GIVE ME FIVE!
5. ロマンス拳銃
6. 口移しのチョコレート
7. 涙に沈む太陽
8. Rainy day
9. ショートケーキ
10. 沈黙
11. 火山灰
12. あなたと私
13. でもねずっと
14. 明日も笑おう
15. スカート、ひらり
16. ギンガムチェック
17. 重力シンパシー
18. 君のことが好きだから
19. 夜風の仕業

[DISC 2] -ENCORE-
1. If / フレンチ・キス
2. カッコ悪い I love you! / フレンチ・キス
3. 最初のメール / フレンチ・キス
4. ロマンス・プライバシー / フレンチ・キス
5. ずっと 前から / フレンチ・キス
6. ハート・エレキ
7. 遠距離ポスター

特典映像:a documentary of ゆきりんワールド

 

スポンサーリンク



 

 AKB48のメンバである ゆきりんこと柏木由紀ちゃんのライブDVDを観ました。2013年11月7日(木)に横浜アリーナで開催されたソロライブの模様が収録されています。

 

 とてつもないことだらけです。48Gメンバーひとりで横浜アリーナを満員にしてしまった(しかもこの日と翌日は平日)だけでなく、舞台や演出がえれぇ豪華。それらを全て ゆきりん自身でプロデュースしている上に、口パクが当たり前のAKBライブでは今までどころか今後も多分有り得ない 生歌+生演奏を全編(約3時間程のライブだったそうです)でやってしまったことに驚き。バンドだけじゃなくオーケストラ隊まで呼んでしまったことはもう想定外すぎて、思わず素っ頓狂な声をあげてしまったほど。

 

 でも何より凄いというか流石だなって思ったのが、ファンに対する ゆきりんの旺盛なサービス精神と セルフプロデュース力の高さですね。
 ただ闇雲に自分のやりたいことなどアイデアを詰め込むだけじゃ当然単なる自己満に終止してしまいますけど、ゆきりん自身が生粋のドルヲタというのもあってか、どこでどうやったらファンが喜ぶのか、あっと驚くのか、そして自分自身のベストな魅せ方を考えた上で演出しているから ちゃんとエンターテインメントとして昇華されてるし、ゆきりんがライブで口にしていた「もうちょっとみなさんの近くに行っちゃおうかな~」をゴンドラやクレーンなどに乗ってたびたび実行していたのも良かった。実際わたしはこの日のライブに参加してませんけど、ああいうサービスは本当に嬉しいもんなんですよ。たとえ近くに来てくれるのがほんの一瞬だけだったとしても。

 

 セトリの組み方も実に上手い。曲単位の細かいメリハリづけではなく、カテゴリー毎(エケキャッチーとかエロ/セクシー系とかバラードとか)に曲をいくつか集めて、その上で激しい落差を控えながらもちゃんとメリハリのある流れを作っていて。『てもでもの涙』不在でも全然物足りなさを感じなかったし。
 それと衣装も凄く良かったですね。可愛さ・美しさ・エロさを引き出すものが全部ちゃんと用意されている。フレンチ・キスの衣装はイマイチでしたけど、唇を模したウサ耳はかなり芸が細かくて良かった。全部しのぶちゃんが担当したんでしたっけ。流石やわ。

 

 で、ライブ映像を観て度々思ったのが、なんか凄く奈々さんっぽいライブだなってこと。生歌+生演奏なんてのはもう当たり前として、↑で挙げたこと全て 奈々さん及び奈々さんのライブにも当て嵌まってるし、サインボールで餌付けしたり、ライブ終了後に出来る範囲ギリギリまでファンの近くまで行って感謝の言葉を伝えたり、衣装チェンジの回数が多くて且つ一回のチェンジに掛かる時間が長めなのも奈々さんと共通してるし。フレンキ・キスの復活は、4年前のPrits復活を彷彿させる…ってフレンチ・キスは元々解散なんかしてないんですけど。これで最後の出演者全員での挨拶で、マイクレスの「ありがとうございましたーーーーっ!!!!!」を演っていればほぼ完コピって感じでしたね。奈々さんにインスパイアされたってことは多分ないだろうし、そもそもこんなもん決める必要はないんですけど、48Gの水樹奈々っつったら 間違いなく ゆきりんでしょ。スキル云々ではなく精神性が、という意味で。

 

 個人的なハイライトを挙げるならば、生のオーケストラ演奏をバックにした バラード3連チャン(『ショートケーキ』『沈黙』『火山灰』)ですね。真っ赤なドレスを纏った ゆきりんのステージングは圧巻だったし、歌もすごく感動的で 特に『沈黙』でグッときてしまった。CD音源だと全然分からなかったんですけど、めっちゃ歌上手くなりましたね。透明感があって綺麗な声は健在だし、とりわけバラード曲では情感がたっぷり込められていて、歌声がとても美しく響いてました。

 

 『スカート、ひらり』もめっちゃ良かったっすよ。フルコーラスじゃなかったのがアレでしたけど(披露曲の大半はフルコーラスでした)、パフォーマンスは最高。必殺のウィンクもバッチリ キマってたことだし。

 

 ということで、結論を申し上げますと、くそ楽しすぎてたまらんかった!!!こんなライブ演ってくれるんだったら次のライブには是非とも参加したいです。さやかちゃん推しだけど、その日だけ ゆきりんワールドに居候します。っていうか、このライブのチケットって5000円で販売されてたんすか。あの内容でこの価格。いくらなんでも気前良すぎやろ…。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です