アルバム感想『君とのDistance』/ ZARD

君とのDistance
『君とのDistance』/ ZARD
2005.9.7
★★★★★★★★☆☆

01. 夏を待つセイル (帆) のように ★★★★★★★★★★
02. サヨナラまでのディスタンス ★★★★★★★★☆☆
03. かけがえのないもの ★★★★★★★☆☆☆
04. 今日はゆっくり話そう ★★★★★★★★☆☆
05. 君とのふれあい ★★★★★★★☆☆☆
06. セパレート・ウェイズ ★★★★★★★☆☆☆
07. Last Good-bye ★★★★★★★★★☆
08. 星のかがやきよ ★★★★★★★☆☆☆
09. 月に願いを ★★★★★★★★☆☆
10. あなたと共に生きてゆく ★★★★★★★☆☆☆
11. I can’t tell ★★★★★★★☆☆☆
12. good-night sweetheart ★★★★★★★★☆☆
13. 君と今日の事を一生忘れない ★★★★★★★★★☆

 

スポンサーリンク



 

 結果的に最後のオリジナルとなってしまった11thアルバム。

 

 円熟の境地に達してます。
 クールなマイナーロック『サヨナラまでのディスタンス』『I can’t tell』、穏やかな月夜を連想させるミドルポップス『今日はゆっくり話そう』、笑っちゃうくらいにベッタベタなビーイングバラード『かけがえのないもの』『あなたと共に生きてゆく』、なんか倉木麻衣ちゃんの『Like a star in the night』がよぎってしまう『君とのふれあい』といった 王道を踏襲したナンバーは これまでにない味わい深さを有してるし、郷愁を纏ったミドルバラード『セパレート・ウェイズ』、優雅なワルツ『月に願いを』などはここまでキャリアを積み上げてきたZARDならではの楽曲といった感じだし。

 

 ただ、泉水さんのボーカルだけとってみると、円熟というより劣化と思わずにはいられない箇所も少なからずありました。『星のかがやきよ』のサビとか「鬼か!」って言いたくなるメロディだし、肩の力を抜いたトゥインクルなミドルポップス『good-night sweetheart』もどうしても発声の苦しさが汲み取れてしまう。

 

 個人的にいちばん好きなのは『夏を待つセイル (帆) のように』。アレンジがド派手でキラキラしてるからか、ビーイング meets ディズニーって感じの仕上がり。当時の泉水さんの声質にも合ってるし、歌に際立った粗もなくて聴きやすい。

 

 FIELD OF VIEWの3rdシングル(1995)のカバーである『Last Good-bye』もかなり好きです。原曲とはまた違ったこの爽やか切ない感じ、シンプルにいいっすね。にしても何故よりによってこのタイミングでこのカバーを…。いろんな意味で、何故…。

 

 私的な好みとしては前作に軍配が上がりますが、単なる回帰・回顧・リプレイにならない 現在進行形のZARDを刻み付けた渾身の一作。そして、詞曲ともにZARD史上最も壮大なスケール感を備えたバラード『君と今日の事を一生忘れない』は、リリース当初と違い今聴くと涙なくしては聴けないナンバー。感慨深さもあるし、聴き終えたあとは どうしても得も言われぬ虚無感を感じてしまうのですよね。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です