アルバム感想『ZARD BLEND~SUN&STONE~』/ ZARD

ZARD BLEND~SUN&STONE
『ZARD BLEND~SUN&STONE~』/ ZARD
1997.4.23
★★★★★★★★☆☆

01. 君に逢いたくなったら… ★★★★★★★★★★
02. 揺れる想い ★★★★★★★★★☆
03. 君がいない ★★★★★★★★★★
04. 心を開いて ★★★★★★★★★☆
05. Good-bye My Loneliness ★★★★★★★★☆☆
06. IN MY ARMS TONIGHT ★★★★★★★★★☆
07. あの微笑みを忘れないで ★★★★★★★★☆☆
08. Oh my love ★★★★★★★★☆☆
09. 来年の夏も ★★★★★★★★☆☆
10. ハイヒールを脱ぎ捨てて ★★★★★★★★★☆
11. Don’t you see! ★★★★★★★★★★
12. 眠れない夜を抱いて ★★★★★★★☆☆☆
13. こんなに愛しても ~Hold Me~ ★★★★★★★★☆☆

 

スポンサーリンク




 

 ZARDの1stセレクションアルバムとのことですが、まあ言ってみれば夏意識のベスト盤って感じです。

 

 あんまりシーズン関係なさげな『Don’t you see!』、夏というより早春というイメージの『君に逢いたくなったら…』、ボーカルを録り直してミックスも若干変わった『Good-bye My Loneliness』、何故選ばれたのかさっぱりわからん『こんなに愛しても ~Hold Me~』を除けば、選曲はコンセプトに見合っていて良いと思います。

 

 原曲とテイクが異なる楽曲がいくつかあるんですが、私的には『Good-bye My Loneliness』と音触りがややアーシーになった『IN MY ARMS TONIGHT』以外は別にどっちでもって感じ。

 

 『Good-bye My Loneliness』のオリジナルテイクに違和感を感じたとかであれば別ですけど、ベストもオリアルも押さえているのであれば 今この作品はわざわざ手に取る必要はないっしょ。でもコンセプトアルバムとしては上々の内容なんで、本作以前のオリアルをいちいち漁ってくのが面倒であれば これ一枚で済ませるのもアリかな。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です