アルバム感想『永遠』/ ZARD

永遠
『永遠』/ ZARD
1999.2.17
★★★★★★★★★★

01. 永遠 ★★★★★★★★★★
02. My Baby Grand ~ぬくもりが欲しくて~ ★★★★★★★★★☆
03. WAKE UP MAKE THE MORNING LAST ~忘れがたき人へ~ ★★★★★★★★★☆
04. Brand New Love ★★★★★★★★☆☆
05. 運命のルーレット廻して ★★★★★★★★★☆
06. 遠い星を数えて ★★★★★★★★★☆
07. 新しいドア ~冬のひまわり~ ★★★★★★★★★☆
08. GOOD DAY ★★★★★★★★★☆
09. I feel fine, yeah ★★★★★★★★★☆
10. 少女の頃に戻ったみたいに ★★★★★★★★☆☆
11. 息もできない ★★★★★★★★☆☆
12. 風が通り抜ける街へ ★★★★★★★☆☆☆
13. フォトグラフ ★★★★★★★★★★

 

スポンサーリンク



 

 約2年半ものブランクを経てリリースされた8thアルバム。

 

 極上美メロを有した雄大なる名バラード『永遠』、冬のキラメキと温かさがパッケージングされた ドコモのポケベル系ミドルポップ『My Baby Grand ~ぬくもりが欲しくて~』、ロストラブ清算リリックの中に苦み葛藤ほのぼのユニークなど様々な面が詰め込まれた ブリティッシュロック『WAKE UP MAKE THE MORNING LAST ~忘れがたき人へ~』、第3期WANDSに歌詞を提供した楽曲のセルフカバーである クールな疾走デジロック『Brand New Love』、なんとなくクレバーな感じがする スケール感に富んだロックナンバー『運命のルーレット廻して』、これまでのZARDやビーイングとは明らかに毛並みが異なる ジャジーさ混じりの しっとり洒落たスローバラード『遠い星を数えて』、CM効果で冬景色とビールしか目に浮かばない温かさを有したウィンターミドルポップ『新しいドア ~冬のひまわり~』、バブル崩壊期のトレンドに回帰するばかりか演歌チックな要素まで混ぜこぜにしてしまった暗すぎバラード『GOOD DAY』、足取り軽やかな爽快アップ『I feel fine, yeah』、ZARD王道のバラード『少女の頃に戻ったみたいに』、超がつくほど瑞々しくて眩い開放的ポップス『息もできない』、打ち込みやらブラスやらハンドクラップやら とにかく鳴らされる音全てがいちいちダサい爽快ポップス『風が通り抜ける街へ』、『永遠』に引けを取らない渾身のバラード『フォトグラフ』と、

 

 今回もシングル曲カップリング曲セルフカバー曲が大半を占めるオリアル詐欺状態になっちまってる上に、セールス的にはここ2年の間(1997年あたりから)で急激にダウンしてしまったのですが、それとは裏腹に各曲の仕上がりが良好で私的に気に入ってるものだらけなのと、前作と違って曲の配置も良好なのと、音の質感が前作よりも洗練されて これがZARDの中ではいちばん好みな音触りってのと、あとはまあ初めて聴いたZARDのアルバムで なおかつ初めて買ったZARDのCDっていう私的な思い入れみたいなもんもあって、私的にこれがZARDの中でいちばん好きな作品です。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です