アルバム感想『時間の翼』/ ZARD

時間の翼
『時間の翼』/ ZARD
2001.2.15
★★★★★★★★☆☆

01. Get U’re dream ★★★★★★★★☆☆
02. この涙 星になれ ★★★★★★★★☆☆
03. promised you ~with P-edition~ ★★★★★★★★☆☆
04. 痛いくらい君があふれているよ ★★★★★★★☆☆☆
05. 窓の外はモノクローム ★★★★★★★★☆☆
06. お・も・ひ・で ★★★★★★★★☆☆
07. 明日もし君が壊れても ★★★★★★★★☆☆
08. 世界はきっと未来の中~another style 21~ ★★★★★★★★★☆
09. hero ★★★★★★★☆☆☆
10. 揺れる想い(Gomi’s New York Remix) ★★★★★☆☆☆☆☆
11. 負けないで(Gomi’s 10th Anniversary Special Mix) ★★★★★☆☆☆☆☆
12. 時間の翼 ★★★★★★★★★★

 

スポンサーリンク



 

 デビュー10周年を迎えたタイミングでリリースされた9thアルバム。

 

 例によって、今回もシングル曲カップリング曲セルフカバー曲が大半を占めるオリアル詐欺状態になっちまってますが、それ以上に問題なのが、かつて時代を牛耳っていたZARDが 時代に振り回される側になってしまったことが如実に表れていることですね。その時代の波にしっかり乗れていればもう純粋に凄いことだなと思うんですが、「冒険」だの「挑戦」だの そういうポジティブな解釈をするには流石に苦しすぎるものがチラホラと。

 

 その最たるものが『痛いくらい君があふれているよ』。トレンドに便乗した なんちゃってR&B/HIP-HOPトラックがなんとも痛々しいし、ヴァースにおけるラップに関しては スキルや仕上がり云々以前に なぜ着手したのか意味が分からないし、もはや血迷ってるとしか思えん。タイアップ先のイメージに見合った雰囲気を作れているのはいいことですけどね。

 

 『Get U’re dream』のなんちゃってダンサブルなリズムもまたトレンド便乗感があって なんともアチャーな感じですけど、これは割と好きな曲。
 しっとりバラード『promised you ~with P-edition~』はなかなか凄いぞ!思っくそバブル崩壊期ど真ん中なメロディをCybersound(音楽制作チーム)手腕のザ・Y2KなアレンジでコーティングするというZARDならではの荒業が炸裂しておりば。なんで今更こんなメロディが古臭い曲をシングル化しようとか考えたんだという疑問はありますが、これも好きな曲。

 

 他にも、ドラマ主題歌ながら ZARDの全楽曲の中で最もアニソン感丸出しなデジロック『この涙 星になれ』、うっすらとクロいコーラス&アレンジがノスタルジック演出に一役買っているミドルナンバー『窓の外はモノクローム』、エロゲ感ハンパないバラード(後に本当にエロゲのタイアップがつきましたけど)『hero』など、根底は相変わらずのZARDでもアレンジやプロダクトの側面において これまでとは異なるアプローチや何考えてんだって言いたくなるアプローチが飛び出してるわけですが、あれ、意外と好きな曲が多め。まあそれでも試行錯誤感ハンパねえってことには変わりないですけどね。

 

 あと、リミックスが2曲あります。『揺れる想い(Gomi’s New York Remix)』は原曲の雰囲気を維持しつつクラブ意識のダンサブルなアレンジを施したもので、『負けないで(Gomi’s 10th Anniversary Special Mix)』はスーパーマーケットとかで流れてそうなBGM一歩手前のチープなアレンジが施されていて、どちらも案外悪くはないんですけど、流石に尺が長すぎ。てかこういうのはカップリングでやっとけって感じ。まあこれらは曲数を揃えるために用意された水増しトラックですよ。

 

 ラストの『時間の翼』は音の質感的に前作『永遠』系統のメロディアスなミドルナンバーでこれ名曲。フルサイズじゃないのか本当に惜しいっすわ。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です